<サイパン>モービル、ガソリン10セント、ディーゼル30セント値下げ

木曜日、ガラパンのビーチロードにあるMobil Oilが燃料価格を表示。

写真:Emmanuel T. Erediano

モービル石油マリアナは木曜日、ガソリン価格を10セント、ディーゼル価格を30セント引き下げました。

モービルオイルのレギュラーガソリン価格は1ガロン5.36ドルから5.26ドルに、プレミアムガソリン価格は1ガロン5.81ドルから5.71ドルに、ディーゼル価格は1ガロン5.98ドルから5.68ドルに値下げされました。

シェル・マリアナも追随する見込みです。

ロタ島では、Calvo Enterprisesの従業員が、本日金曜日に燃料が到着する予定であるため、同様に価格を下げると述べました。木曜日午後5時現在、同社のレギュラーガソリン価格は1ガロン6.84ドル、ディーゼルは1ガロン10.12ドルでした。

テニアン・フューエル・サービスはまだ今回の値下げを実施していません。先月の燃料価格引き下げ後、レギュラーガソリン価格は1ガロン7.22ドル、ディーゼル価格は1ガロン7.52ドルでした。

立法局の情報技術者であるデルバート・カマチョ氏は、特にCNMIの経済が苦境にある今、ガソリン価格が下がるのを見るたびに良い気分になると語りました。

彼は、クリスマス前にまた燃料価格が下がることを望んでいます。

彼は給料日ごとに、トヨタ・タコマのために最高120ドル分のガソリンを使っていると言います。

ダンダンに住むカマチョ氏は、ガソリンを節約することは「かなり良いこと」だと信じていると語りました。

世界の燃料需要

ロイター通信によると、「米国のデータでガソリン在庫が予想以上に増加したことを受け、世界の燃料需要に対する懸念が高まり、原油価格は水曜日に4%近く下落し、6月以来の安値となった」とのことです。

ロイター通信によれば、「ブレント原油先物は2.90ドル(3.8%)安の1バレル74.30ドル。米WTI原油先物は2.94ドル(4.1%)安の1バレル69.38ドル」とのことです。

ロイター通信によると、格付け会社ムーディーズが中国の格付けA1の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた翌日であり、中国経済の健全性と将来の燃料需要に対する懸念も相場の重荷となったとしています。

https://www.mvariety.com/news/local/mobil-reduces-gas-prices-by-10-cents-diesel-30-cents/article_c41357c0-94d6-11ee-bdab-3f2f7d875edd.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です