<サイパン>検察官:元BMV局長は5年の実刑判決を受けるべき

アルバート・フローレス・ジュニア連邦検事補は、フアナ・レオン・ゲレロ元自動車部長の禁固刑60カ月または5年、罰金1万5000ドルを求刑しました。

レオン・ゲレロ被告は、不正なCNMI運転免許証の作成への関与を認めています。

フローレス検事補によると、レオン・ゲレロ被告の場合、ガイドラインの範囲以上の量刑が正当化されます。「被告が引き起こした公共の損害は、事実上数値化することが不可能だからである」

フローレス氏によると、レオン・ゲレロ被告はBMVの長年の主任であり、2022年12月16日に連邦捜査局がBMVで捜索令状を執行したときは、公安局の臨時長官を務めていました。

フローレス氏は、レオン・ゲレロ被告はCNMIの上級法執行官として、法の執行者としての役割を託されていたと述べました。

「その代わりに、彼女は組織的な腐敗の環境を助長し、無資格のドライバーを武装させて道路で車両を運転させ、公共の安全を危険にさらし、国民の信頼を著しく侵害し、CNMI政府の信用を傷つけました。悲劇的なことだが、CNMIの人々がBMVの信頼を取り戻すには長い道のりになるだろう」とフローレス氏は述べました。

レオン・ゲレロ被告の判決公判は12月15日午前9時、NMI地方裁判所ラモーナ・V・マングローニャ裁判長の下で予定されています。

レオン・ゲレロ被告の弁護士ロバート・T・トレス氏は以前、記者団に対し、依頼人は不法文書作成共謀罪を認め、2年以上の実刑判決を求刑していると述べました。

司法取引の事実供述によると、レオン・ゲレロ被告は1992年に自動車局に就職し、最終的に2006年にBMVの主任に任命されるまで継続して雇用されたとのことです。彼女は起訴後、2023年3月に無給で休職になるまで主任を務めました。

起訴状によると、レオン・ゲレロ被告は2020年1月1日頃から2022年12月20日頃にかけて、「アイバン」としても知られるリー・ヨンデ(李永徳)被告、BMVの同僚職員、合法的な移民資格を持たないCNMI居住者、その他と故意に共謀、合意し、米国に対する犯罪を犯したとされています。

レオン・ゲレロ被告は、2020年1月1日頃から2022年12月20日頃までの60回にわたり、米国に合法的な移民資格を持たない中華人民共和国市民でありながらCNMIに居住している「アイバン」が、米国に合法的な移民資格を持たない他の国籍の中国市民をBMVに連れてくることを故意に許可し、その外国市民はその後、CNMIの運転免許証を不正に発行されました。

アイヴァン被告は2012年3月27日に中国からCNMIに入国し、合法的な移民資格は2013年3月26日に失効しています。

ジャネット・キング弁護士が代理人となり、アイバン被告は2023年7月11日に有罪を認め、また2023年12月15日に判決を受ける予定です。

https://www.mvariety.com/news/local/prosecutor-ex-bmv-chief-should-serve-5-years-in-prison/article_58e43ec0-94df-11ee-bc6a-433f03e3c5b7.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です