<テニアン>マネージャー:テニアン・ダイヤモンド・カジノは「うまくいっている」

2023年11月29日にオープンして以来、テニアン・ダイヤモンドカジノは「うまくいっている」とカジノマネージャーのマイケル・マシオ氏は火曜日に語りました。

ブリッジ・インベストメント・グループが所有するこのカジノは、5年前にテニアン・カジノ・ゲーミング・コントロール・コミッションからゲーミング・ライセンスを取得ましした。

マシオ氏によると、カジノは11月29日午前10時にオープンし、11月30日午後3時に公式「オープニングイベント」を開催したとのことです。

ゲストの中には、CNMIの役人、ビジネスオーナー、地元住民もいたと言います。

また、カジノ理事の一人であるエリック・ワン氏も出席しました。

テニアンのエドウィン・P・アルダン市長は、その日グアムにいたため、オープニングイベントには出席できませんでした。

「カジノは今のところうまくいっています」

カジノのゲームには、バカラ、ブラックジャック、スロットマシンがあります。カジノにはルーレットテーブルもありますが、これらのギャンブルを担当するディーラーをまだ雇用している最中だとマシオ氏は語りました。

島の港に位置するテニアン・ダイヤモンド・カジノは、EB-5移民投資家プログラムに基づいて数年前に建設されました。過去5年間、カジノ投資家はテニアン・ゲーミング・コミッションに年間ライセンス料$500,000とサービス産業料$2,000を支払ってきました。

9月、テニアン市財務局は、2024年度のカジノライセンス料$500,000とサービス産業料$2,000、カジノ主要従業員料$5,000、カジノ従業員ライセンス料$750を受け取りました。

https://www.mvariety.com/news/local/manager-tinian-diamond-casino-doing-well/article_4939f416-98b7-11ee-9538-afe11c974b4e.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です