<グアム>ユナイテッド航空の客室乗務員がピケ、組合は連邦調停を求める

ピケットライン:2023年12月14日(木)、A.B.ウォンパット国際空港前でデモを行うユナイテッド航空の客室乗務員たち。

ジョン・オコナー/グアム・デイリー・ポスト紙

ユナイテッド航空の客室乗務員とその支援者たちは、木曜日、労働条件の改善を求めて、より頻繁に行われるようになったデモのために、再びA.B.ウォンパット国際空港の前に立地ました。

ユナイテッド航空客室乗務員協会65グアム協議会会長のルセイ・イシム氏は、「私たちにふさわしい契約が結ばれるまで、このデモは続くでしょう」と語りました。

「私たちは、経営陣が契約交渉に真剣に取り組み、私たちにふさわしい契約を結ぶためにテーブルに着く必要があることを伝えるために、定期的にこのようなスケジュールを組んでいるのです」とイシム氏は付け加えました。

イシム氏によれば、航空会社との契約交渉が始まってから2年になる。客室乗務員を代表する組合は、12月5日に連邦調停を申請し、現在、全国調停委員会からの回答を待っています。

「連邦調停とは、連邦政府が航空会社に調停を申請することである。連邦調停とは、連邦委員会が交渉の監督を行うものである」

金曜日のグアムでのデモは、ユナイテッド航空の経営陣に客室乗務員との契約交渉を要求する全国的な行動の一環です。

「私たちがここにいることを世間に知らせたい。ユナイテッド航空に客室乗務員にふさわしい公正な契約を要求するため、私たちを支援してくださるようお願いします」とイシム氏は語りました。

https://www.postguam.com/news/local/united-flight-attendants-picket-union-seeks-federal-mediation/article_889423d2-9a26-11ee-bda2-47f191658691.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です