<サイパン>盗まれた銅線の「需要終了」を望む議員

木曜日の下院本会議で発言するディエゴ・カマチョ議員(右2人目)。

写真:アンドリュー・ロベルト

リサイクル業者がリサイクル可能な銅線を受け入れたり購入したりすることを違法とする法案が木曜日、下院を通過しました。

出席議員17名全員がこの法案を支持しました。ジュリー・オゴ議員、ジョン・ポール・サブラン議員、マニー・カストロ議員は欠席でした。

ディエゴ・カマチョ議員が提出した下院法案23-65は上院に提出されます。

法案可決に先立ち、同僚議員たちはカマチョ議員の修正案を受理しました。この修正案は、法案に記載されている定義を明確にし、下院法律顧問が法案の専門的な文言を編集できるようにしたものです。

カマチョ氏によれば、この法案の意図は銅線の盗難を抑制することにあるとのことで、「私たちは需要を終わらせ、供給を終わらせます」と彼は付け加えました。

H.B.23-65(2023年銅線窃盗取締法)によれば、「二次金属リサイクルに従事する事業者または二次金属リサイクル業者に雇用される者は、銅線を所有、売買してはならない」とされています。

この禁止令は2年後に終了します。

カマチョ氏はバラエティ紙の取材に対し、その意図は銅線のリサイクルを防止することであり、合法的な建設目的での銅線の購入を防止することではないと述べました。

この法案では、違反者には5,000ドルの罰金および/または1年以下の禁固刑が科せられます。

https://www.mvariety.com/news/local/lawmaker-wants-to-end-demand-for-stolen-copper-wire/article_c54f1298-9a6a-11ee-b89e-9f1f0260dc64.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です