<サイパン>公聴会では地域社会がインターネットゲームに賛成かどうかをチェックする

ラルフ・N・ユムル下院議員は、CNMIでインターネット賭博を許可する法案を提出し、同議員が議長を務める下院賭博委員会は、この提案についてパブリックコメントを募集する予定です。

同氏は、地域社会が別の形態のゲーミングを検討するかどうかを確認するため、複数回の公聴会を開催する予定であると述べ、収益創出策であると説明しました。

ユムル氏は法案の中で、サイパンにおけるカジノ産業は期待通りに実現せず、コモンウェルスは計り知れない経済的損失を被ったと述べました。このような不幸な状況にもかかわらず、またCOVID-19のパンデミックや超大型台風スードルとユツなど、地域社会が経験した世界的な危機を認識しながらも、法案はインターネットゲーミング(iGaming)が連邦に経済的利益をもたらすと述べています。

ユムル氏によると、インターネットカジノまたはiCasinoは、バーチャルカジノまたはオンラインカジノとして知られ、従来のカジノのウェブベースのインターネット版と考えられているとのことです。

iCasinoは、従来のランドベースのカジノよりも大きな利点を提供すると言います。そのような利点には、プレーヤーが自分のデバイスで快適にプレイできること、より高いプライバシーとセキュリティ、複数の支払い方法を利用し、簡単に入出金できること、ランドベースのカジノにはない多種多様なゲーム、インセンティブを与え、ゲーム体験を向上させるのに役立つ大きなボーナスの提供、プレイのペースを向上させるフットトラフィックの欠如などがあります。

ユムル氏は、コモンウェルスはこのような利点を活用し、世界のiCasino市場から大きな経済的利益を得ることができると述べています。

彼は、そのような露出と厳格な規制権限により、連邦はそのような産業を収容するために政府のリソースを利用することなく、追加の収入を生成することができると言います。

彼は、コモンウェルスは若く成長する業界のパイオニアとなり、世界的に大きな露出を得るだろうと述べました。

本法案では、「賭博装置」とは、電子賭博ウェブサイト、またはその他のインターネットアクセス可能なソフトウェアアプリケーションを意味し、これらを通じて賭けを行うことができ、連邦法典の定めるところにより認可されているものを指します。

これらの電子ゲーミング・ウェブサイト、またはその他のインターネットからアクセス可能なソフトウェア・アプリケーションには、完全自動化バージョン、またはベットの収集と賞金の支払いが自動化された半自動化バージョンのいずれかとして、インターネット上でゲーミングを行うために使用されるコンピュータまたはサーバー、および関連するハードウェア、ソフトウェア、その他の装置が含まれます。

電子ゲームウェブサイトには、ルーレット、ブラックジャック、クラップス、スロットなどのチャンスゲームやスキルゲームでギャンブルや賭けをする機能が含まれます。

電子ゲームウェブサイトにはまた、スポーツやeスポーツの試合、トーナメント、リーグの結果や個別の要素、リアリティ番組や政治的な選挙や任命などの特別なイベントの結果に対してギャンブルや賭けをする機能も含まれます。

電子ゲームウェブサイト、またはその他のインターネット接続可能なソフトウェアアプリケーションのライセンス料は、最初のウェブサイトまたはアプリケーションに対して25,000ドル、ライセンシーが運営する追加のウェブサイトまたはアプリケーションごとに2,500ドルとし、暦年単位で発行され、前払いによる一括払いとする。

サイパンおよびロタにおいて、テニアン・カジノ・ゲーミング・コントロール委員会、または同様に設立されたゲーミング委員会、またはその他の規制機関によって認可されたウェブサイトまたはインターネット接続アプリケーションは、年会費の支払いを免除されるものとする。

https://www.saipantribune.com/news/local/hearings-will-check-if-community-is-ok-with-internet-gaming/article_f473aa02-9d76-11ee-a48f-f39a12789c56.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です