<グアム>医薬品のBPT免除を求める

新たな法案220-37は、ビジネス特権税の免除リストに処方箋薬を加えることを提案しています。

法案220-37のメイン・スポンサーであるジェシー・ルハン上院議員は、この法案は彼の別の法案である法案4-37の公聴会での一般市民の意見を反映したものであり、この法案では食品と医薬品は1年間BPTから免除されると述べました。

「法案4-37を支持する証言と、処方箋医薬品をBPTから完全に免除する法案を作ることを検討してほしいという要望を受けました。その際、医療提供者と関わりを持ち、また最近グアム医療協会が主催したグアムの医療改善について話し合う夕食会に出席した後、私はこの法案が国民と(医療)コミュニティの両方に役立つと信じています」とルハン氏は法案220に関するプレスリリースで述べています。

「処方箋薬を免除することで医療へのアクセスを確保することは、単に健康の問題ではなく、私たち全員が直面している経済的苦痛を和らげ、必要不可欠な薬を手ごろな価格で購入できるようにするという、統治体としての私たちのコミットメントの証です。これは、処方された薬を調剤する医療提供者と、それを必要とする患者の双方に救済をもたらすはずです」と同議員は付け加えました。

クリス・ドゥエナス上院議員、フランク・ブラス・ジュニア上院議員、トーマス・フィッシャー上院議員、クリス・バーネット上院議員が法案220の共同提案者となっています。

https://www.postguam.com/news/local/bpt-exemption-sought-for-meds/article_eb19a830-9d76-11ee-85a0-ffde23717ccf.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です