<サイパン>公的監査人事務所にクリスマスパーティーの勧誘に関する質問が殺到

監査役室

フェルディ・デ・ラ・トーレ

CNMI監査役室は、1992年政府倫理規定法により、政府職員が規制する民間団体や物品・サービスを得る民間団体から贈り物を勧誘したり受け取ったりすることが禁じられていることを、政府関係者全員に注意を喚起しています。

臨時監査役であるドラ・デレオン・ゲレロ氏は、OPAが、祝日のパーティーやその他のオフィスでの活動/業務を支援するために、公的機関が民間団体から寄付を募ることに関するCNMI法違反の可能性について、多数の問い合わせや苦情を受けたことを受け、金曜日にこの注意喚起を行いました。

倫理規定法はまた、一般的に、民間団体が寄付者に対して監督権限を持つ公共団体に贈答品を提供することを禁じている、とデレオン・ゲレロ氏はCNMI政府各支部、部局、機関、公社、自治機関に宛てた書簡の中で述べました。

これらの禁止事項の目的は、政府機関の意思決定が、実際の利益相反、またはそうみなされることのないようにすることです。

また、個人的な寄付を公的に募ることは、倫理規定法の目的に反し、民間団体に寄付を求める不当な圧力を与える可能性があると述べました。

倫理規定法は、公職にある者に対する国民の信頼を高め、公の行為が未公表の私的またはビジネス上の利益の影響を受けないようにし、公職の品位を高めることを目的としています。

デレオン・ゲレロ氏は、公共団体が民間からの寄付を求めると、こうした目的が損なわれると述べました。

さらに、民間団体は将来のビジネスチャンスや評判が悪くなることを恐れて、公的機関からの寄付の要請を気軽に断れないこともあると言います。

デレオン・ゲレロ氏は、民間団体に対する直接的な規制権限がない場合でも、不正の外観が生じる可能性があると述べました。

デレオン・ゲレロ氏は、倫理規定法の規定により、コモンウェルスの代理人がコモンウェルスのために受け取った贈答品は、監査役と財務省に速やかに報告され、財務省はその贈答品を連邦の財産目録に追加しなければならないと指摘しました。

デレオン・ゲレロ氏は、倫理規定法の勧誘と贈与の禁止は、実際の利益相反を防ぐだけでなく、連邦を代表して受け取った贈与が説明され、公的目的に使用されることを保証するものであると述べています。

https://www.saipantribune.com/news/local/opa-gets-flood-of-questions-about-solicitations-for-christmas-parties/article_d12d0b08-9f0e-11ee-971f-233540e46f42.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です