<サイパン>IPIがカジノ委員会を提訴

インペリアル・パシフィック・インターナショナルは、コモンウェルス・カジノ・コミッション(CCC)に対し、カジノ運営会社に対する取消訴訟を連邦裁判所に提訴しました。

IPIは、スティーブン・ナッティング弁護士とマイケル・チェン弁護士を通じて、違憲の契約障害と米国憲法とCNMI憲法の契約条項違反、米国憲法とCNMI憲法の適正手続き条項違反、CNMI憲法第4条違反、カジノライセンス契約またはCLA違反でCCCを訴えました。

IPIの新たな訴訟は陪審裁判も要求しています。

IPIはNMI地方裁判所に、CCCが公平な意思決定者として機能せず、また機能できない、4CMC§2314とNMIAC§175-10.1によって確立された現在の規制スキームは違憲であるとの宣言を出すことを望んでいます。

IPIはまた、CCCが公平な意思決定者として機能せず、また機能できない限り、CCCがいかなる権力を行使することもできないよう、裁判所がCCCに対して差止命令を出すことを望んでいます。

さらに、この訴訟は裁判所に対し、「CCCがCLAの条項を解釈し、および/またはCLAに起因する請求(訴状2021-001,002,003,004,005を含むが、これらに限定されない)を裁定する管轄権を引き受けることを阻止する差止命令を出すこと」を求めています。

さらに、IPIに適用される「CCCによるCLAの条項の解釈、および/またはCLAに起因する請求の裁決の管轄権の仮定は、単独で、または一時停止もしくは取り消し手続き、またはその他の強制措置に関連して、違憲である」と裁判所に宣言することを求めています。

IPIは、裁判所はCCCに対し、「CCCがCLAの条項を解釈し、および/またはCLAに起因する請求を裁決する管轄権を有すると仮定したことに基づく、IPIに対するあらゆる不利な行政決定を取り消し、無効にするよう命じるべきである(委員会命令第2021-002号を含むが、これに限定されない)」と述べました。

IPIによると、「裁判所は同様に「CCCに対し、違憲の規制スキームの成果である委員会命令2021-002号を含むがこれに限定されないCCC命令の執行を阻止する差止命令を出すべきである」としています。

もう一つの訴訟では、IPIはNMI地方裁判所に、IPIとCNMIが年間規制料金法の制定前に締結したCLAの明示的な条項により、IPIは規制料金の条項から免除されるか、または規制料金の条項の適用を受けないという宣言を出すよう求めています。

また、IPIは裁判所に対し、CCCがIPIに対して年間規制料金法令を施行し、年間規制料金を徴収することを阻止する差し止め命令を出すこと、または、IPIとCNMIが年間規制料金法令制定前に締結したCLAの明示的な条件に基づき、CCCがIPIに対して年間規制料金を免除または対象外とすることを義務付けることを求めています。

さらに、IPIは裁判所に対し、IPIに適用される規制料金法は違憲であるという宣言を出すよう求めました。

IPIは同様に、裁判所に対し、CCCに対し、IPIが過去に支払ったすべての規制料金の返還を命じるよう求めています。

IPIはまた、CCCに対し、年間規制料金法令に基づくIPIに対するあらゆる不利な行政決定(年間規制料金の不払いに対する料金、利息、罰則の賦課、年間規制料金法令に基づく免許停止を含む)を取り消すか無効とするよう裁判所に求めています。

CCCはIPIに対し、IPIがCNMI政府に支払うべき6200万ドルのカジノライセンス料の支払いを2023年12月30日までとしました。

https://www.mvariety.com/news/local/ipi-files-another-lawsuit-against-casino-commission/article_e848f3b8-a48d-11ee-86d7-13858d31ebec.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です