<グアム>GPA、11月分のエネルギークレジットを適用

2023年11月30日木曜日、ハガニャで撮影されたグアム電力公社の電力メーター。

グアム電力公社からのリリースによると、Prugråman Ayuda Para I Taotao-ta Energy Creditプログラムの3ヶ月延長による11月の増分が、水曜日に正式にすべての適格な住宅および商業アカウントに適用されました。このクレジットは、毎月100ドル分の電力料金に加算されます。このプログラムが再び延長されない限り、最後の毎月のクレジットは、12月の請求に適用されます。

「GPAは、(11月の)100ドルのエネルギークレジットが本日、すべての有効なアカウントに正常にアップロードされたことをお知らせいたします。顧客が最も必要とするこのホリデーシーズンにクレジットを受け取ることができるよう、資金を送信してくれた(総務省に)感謝します。GPAのゼネラルマネージャー代理であるトリシー・リムティアコ氏は、水曜日に発表された電力会社からのリリースの中で、「顧客は、現行プログラムのもとで、口座へのエネルギークレジットがもう一つ増えることを楽しみにしています」と述べています。

リリースによると、GPAは12月26日にDOAから2回目のクレジットのための資金として527万ドルを受け取りました。顧客はオンラインアカウントでクレジットを確認できるとリリースは付け加えました。

エネルギークレジット・プログラムは昨年初めて実施され、当初は5ヶ月間だけでした。その後、法律により延長され、今回の延長は10月から12月までのエネルギー料金に適用されます。

このプログラムの終了は、グアムの料金設定機関である公益事業委員会が、平準化エネルギー調整条項の次の料金をどうするかを検討する約1ヶ月前になります。これは電力料金のうち、島の発電機に使用される燃料の大部分を支払う部分です。PUCは2024年1月下旬にLEACを決定し、2024年2月初旬から適用される予定です。

12月初め、ウィリアム・パーキンソン上院議員は法案208-37を提出しました。この法案は、長年続いているプログラムを2024年1月から2024年3月まで、さらに3ヶ月延長するものです。

法案208は、2024会計年度に採択された予算を超過して徴収された一般財源を延長の財源に充てるものです。予算管理調査局による11月の一般会計報告書では、約1300万ドルの未使用収入が見込まれています。これは、法案208号が1月から3月までの延長に計上する1,580万ドルに200万ドル以上足りませんが、その後も超過額は増える可能性があります。

11月に報告された超過額は、実際には2890万ドル以上でしたが、10月から12月までのエネルギー控除プログラムの延長分を考慮し、1580万ドルが差し引かれました。

https://www.postguam.com/news/local/gpa-applies-november-energy-credit-one-more-left/article_9b8ce632-a510-11ee-9d7f-33680290477a.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です