<グアム>最高裁:GPDは麻薬事件で違法な捜索を行った

最高裁:2023年12月26日火曜日、ハガニャのグアム司法センター。

フランク・サン・ニコラス/グアム・デイリーポスト紙

グアム最高裁判所は、薬物所持の罪で起訴された男性に対する違法捜査で見つかった証拠を押収する決定を支持しました。

2022年10月、グアム高等裁判所の判事は、ゼルクス・ビバ被告が、附則II規制薬物提供意図所持および附則II規制薬物所持で起訴される前に、グアム警察の警官が彼の車を捜索することに同意しなかったと判断しました。

この判決後、検事総長室は、ビバ被告の事件で発見された証拠を押収した判決は「明らかに誤りである」と主張し、グアム最高裁判所に上訴しました。

しかし、アルベルト・トレンティーノ判事が証拠隠滅を決定するに至った事件と手続きを検討した結果、高等裁判所はトレンティーノ判事に同意した-3人の警察官の証言の間に矛盾があること、特にビバ被告が車内捜索に同意したかどうかを考慮しました。

法廷文書によると、ビバ被告はある警官に車を止められたが、その警官は免許証や登録証の提示を求めるような「交通違反の取り締まりにおける通常の照会は一切行なわず」、むしろビバ被告に、まだ保護観察中か、あるいは車内に麻薬があるかどうかを尋ねたと言います。

同警官は、ビバ被告から車内捜索の同意を得たと証言しましたが、その後の証言では、同意を求めたとき、ビバ被告がまだ車内にいたのか、すでに車外に出ていたのか思い出せませんでした。

応援要請を受けてさらに2人の警官が到着しましたが、車の捜索に関する彼らの証言は矛盾していました。一人の警官は車内にナイフがあったと証言しましたが、何も押収されませんでした。ナイフを見た同じ警官は、ビバ被告の携帯電話に薬物関連のメッセージが表示されたのを見たと証言しましたが、別の警官はメッセージを見ていないと証言しました。

検察側は、矛盾があるにもかかわらず、同意を得たという情報と矛盾するような情報はビバ被告から提供されていないと主張しました。しかし最高裁は、ビバ被告はその必要はないと書きました。

「ビバ被告は、同意を得たという(警官の)証言と矛盾する証拠を提出する必要はない。むしろ、ビバ被告が有効な同意を与えたことを証明する(責任は)国民にある。検事総長事務所が)公判廷に提出した証拠は信用性の問題をはらんでおり、これらの問題が十分に解決されたかどうかを判断するのは公判廷の特権である」と判事たちは書きました。

告訴状

ビバ被告は2019年、交通違反の取り締まりに従わず、警官に車を止められたと警察に通報され、起訴されました。起訴文書によると、彼の車内で警官は、運転席とセンターコンソールの間に挟まれた大きな黒い柄のナイフを発見したとされています。

助手席の下からも黒いポーチが見つかりました。その中にはデジタルスケール、大きなプラスチックのストロー、そして様々な量のメタンフェタミンが入った複数の袋が入っていました。

裁判資料によると、警察がポーチを発見したとき、ビバ被告は、「それは私のものじゃない!」と漏らしたとのことです。

彼の携帯電話には、1オンスのメス(覚醒剤)を意味する「ハーフ・ア・ジップ」を持っているかどうかを尋ねるメールも入っていたと裁判記録には記されています。

警察は携帯電話、麻薬、所持品、現金1,784ドル入りのビバの財布を押収しました。

https://www.postguam.com/news/local/supreme-court-gpd-conducted-an-unlawful-search-in-drug-case/article_7ffc253c-a771-11ee-9ae7-d7fd7e45f97e.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です