<グアム>GMH理事会、280万ドルの病院請求書償却を承認

グアム・メモリアル病院は、新年度を迎える前にGMH理事会の承認を得て、回収不能と判断された280万ドル相当以上の患者請求書を償却、または破棄します。

これは2023年に病院が帳簿を一掃するために行った、およそ280万ドルの請求書の一括処理に次ぐものです。

パシフィック・デイリー・ニュース紙によれば、GMHは昨年一時、約5000万ドル相当の未収金を抱えていたとのことです。

回収不能となった請求書には2009年までの患者が含まれていますが、大半は2016年から2022年までの請求書です。

最近の監査では、2022年のGMHの回収額は、その年の請求額2億5300万ドルの約46%にすぎませんでした。

一般的に、患者の保険会社は、通常3ヶ月から1年の間にタイムリーに請求が回収されなければ支払いを行いません。

GMHの最新の評価損の中で、未回収の請求の最も大きな塊は以下の通りです:

退役軍人局、トリケア、VA民間医療保険:2009年から2018年まで899,405.47ドル。

主に島外の雑多な保険会社:2011年から2017年まで839,084ドル。

メディケアパートAおよびB:2016年から2022年まで819,124.10ドル。

セレクトケア:2016年から2020年まで298,847ドル。

Staywell:2016年から2022年まで26,531ドル。

徴収の是正

島外やその他の「ネットワーク外」の保険業者との回収問題に対処するため、GMHAは今後、保険契約者を自費患者として扱うことになると、GMHAの経理責任者サディ・タイサカン氏は先週の理事会で管理委員会に語りました。

そのような患者は、自分の保険会社から払い戻しを受ける責任を負うことになります。

メディケアやトリケアのような、連邦政府によって運営されている他の回収困難な保険プランにはその選択肢はありません。しかし、GMHAはメディケアの請求に対応できるよう請求担当チームを訓練し、トリケアの回収を改善するために海軍病院の請求担当マネージャーと協力しているとタイサカン氏は語りました。

タイサカン氏は、病院が患者の請求書不払いの疑いで一度は打ち切ったテイクケア保険から、最近600万ドルの支払いがあったことを報告しました。

タイサカン氏によれば、GMHはまた、2023年に毎月2500万ドルから3000万ドルを請求するという目標を、11月と12月を除いて達成したとのことです。11月の請求額は2200万ドル、12月は約1700万ドルでした。

GMHでは、保険業者と患者に請求書を送付することだけが問題になっており、8月には2300万ドル相当の請求書が送付されていないと報告されました。

業者への支払い

最近、病院が業者からの借金を返済するために公的資金3000万ドルが投入されたことで、GMHの支払いは滞りなく行われるようになったと、ウィリアム・カンドー運営副管理者は語りました。

「業者の多くは1年以上、もしかしたら1年半も支払いがなかったかもしれません」と彼は管理委員会に話しました。

支払い遅延の結果、病院での業務契約の入札者は「非常に少ない」、あるいは存在しないこともあるとカンドー氏は述べました。

最近、病院は産科病棟にエアコンを設置するために11の業者を募集したと彼は言いました。その結果、1件の提案がありましたが、それは「あまりにも高すぎる」ものでした。

「これらの債務を支払うことで、彼らの信頼を取り戻し、再びテーブルに着いてもらえることを期待しています」とカンドー氏は語りました。

病院が昨年10月に報告した2880万ドル相当の未払い業者債務により、ジョシュア・テノリオ副知事はGMHの財政を見直すためにアデラップの財政チームを任命しました。

この財政問題から、共和党の上院議員や一部の地元医師たちは、島の公立病院を連邦政府の管理下に置くよう求めました。

https://www.guampdn.com/news/gmh-board-oks-2-8m-in-hospital-bill-write-off/article_ecb372f0-a86d-11ee-9d4a-637684365747.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です