<サイパン>テラヘ氏:CUCにとってネットメータリングは機能しない

コモンウェルス・ユーティリティーズ・コーポレーションのベティ・G・テラヘ局長代理は昨日、CUCにとってネット・エネルギー・メーター法は機能しないと述べました。

Terlaje氏はサイパン・トリビューン紙とのインタビューで、CUCを支援する仕組みは何でも支持するが、CNMIの現在のネットメータリング法は他の電力会社の設定に基づいて設計されたものだと考えていると述べました。

ネットメータリングとは、低コストの再生可能エネルギー技術の一種で、顧客がソーラーパネルや風力タービンから生産したエネルギーを貯蔵し、都合の良い時に使用することができ、生産した余剰電力をCUCに売ることができます。

Terlaje氏は昨日、下院公益・運輸・通信委員会において、CNMIにおけるネット・エネルギー計量法の一時停止を求める下院法案23-92に関連して、このような証言を行いました。テラヘ氏は、CUC電力部のリー・リエト部長、CUCエネルギー再生可能部門のエイドリアン・レジス技師とともに委員会に出席しました。

「この法案がCUCを助けることに同意します」とテラヘ氏はPUTCでの証言を終えた直後のインタビューで語りました。

ネットメータリング法の下では、CUCはこのプログラムを利用した人の口座にクレジットし続けるので、彼らは電気料金を支払わなくてすむのです。

「そのため、配電システムのメンテナンスのための発電所の改善から遠ざかってしまうのです」とテラヘ氏は言います。

ありがたいことに、連邦緊急事態管理庁は、異常な暴風雨の際の電気系統の復旧にかなり役立っていると彼女は言いました。

テラヘ氏はPUTCの会合で、現在ネットメータリング・プログラムの有効顧客は約535件で、そのうち50件は商業用と政府用、残りは住宅用であると発表しました。500人以上の顧客は約4.8メガワットの電力を生産していると言います。

この法案の提出者であるPUTC委員長のビンセント・S・アルダン下院議員(無所属サイパン)は会議の中で、彼の法案の重要性は公平な競争条件を作ることだと述べました。アルダン氏は、過去10年間だけでも、再生可能エネルギーシステムのコストは劇的に下がっていると述べています。

「今では10年前よりも手ごろな価格になっています」

https://www.saipantribune.com/news/local/terlaje-net-metering-does-not-work-for-cuc/article_d94430e0-aae5-11ee-92b6-c7f910a4d7fb.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です