<サイパン>フィナシスでの殺人事件

2024年1月4日木曜日、ハガマム・レーンの入り口は現場テープで封鎖されている。現場には無名の車両も。

写真:アンドリュー・ロベルト

2024年1月4日木曜日、現場テープで封鎖されたハガマム・レーンの入り口。

フィナシス、トゥン・ジョアキン・ドイ・ロードの角、ハガマム・レーンのアパートで、無呼吸の男性と負傷した女性が発見され、殺人事件の捜査が開始されました。

被害者の男性はアジア系で30〜40歳、被害者の女性は30〜40歳で、「重体である」とのことです。

報道時点では、公式な詳細はほとんどわかっていません。

DPSによると、午前10時46分、ラデラ・ビル周辺に負傷者がいるとの911番通報が警察にあったとのことです。

午後1時ごろの通報を受け、バラエティ紙はハガマム・レーンに向かいました。事件現場のテープが入り口をふさいでおり、現場にいた警官はコメントを避けました。

DPSはメディアリリースの中で、警察が「無反応のアジア人男性……とアジア人女性1人……がアパートで負傷しているのを発見した」と述べています。

被害者は2人とも病院に搬送されました。

DPSはこの事件に関して、地域住民の協力を求めています。何か情報をお持ちの方、またはこの地域で何かを目撃された方は、DPS-犯罪捜査局(670) 664-9042までお電話ください。匿名を希望する場合は、犯罪防止ホットライン((670) 234-7272)まで。

https://www.mvariety.com/news/local/homicide-in-fina-sisu/article_b877390c-aac2-11ee-9b3e-9b7ac7e849f9.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です