<グアム>北朝鮮のミサイル発射によるグアムへの脅威はない

2023年10月19日のサイバーセキュリティ会議で発言するグアム国土安全保障アドバイザーのエスター・アギグイ氏。日曜日、アギグイ氏は、北朝鮮が発射した未確認の弾丸によるマリアナ諸島への直接的な脅威はないと述べた。

PDNファイル写真

日曜日に北朝鮮が発射した正体不明の弾丸は、グアムや北マリアナ諸島に直ちに脅威を与えるものではなかったと国土安全保障省当局者が発表しました。

AP通信によれば、北朝鮮による2024年最初のミサイル発射であるとのことです。

グアム国土安全保障アドバイザーのエスター・アギグイ氏は日曜夜の声明で、「報告された発射によるマリアナ諸島への直接的な脅威は評価されていない」と述べました。グアム国土安全保障アドバイザーのエスター・アギグイ氏は、日曜日の夜に声明を発表しました。

韓国の主要通信社である聯合ニュースは、韓国軍の発表として、北朝鮮が午後2時55分頃、中距離弾道ミサイル(IRBM)を東海に向けて発射したと報じました。

聯合ニュースは、「IRBMの射程は最大5500キロで、平壌から発射された場合、米領グアムは射程圏内に入る」と報じました。

声明の中で、グアム国土安全保障・市民防衛局は、マリアナ地域融合センター、連邦政府、軍のパートナーとともに、朝鮮民主主義人民共和国から最近発射された正体不明の弾丸の報告を含め、地域を取り巻く出来事を監視し続けていると述べました。

https://www.guampdn.com/news/no-threat-to-guam-from-north-korea-missile-launch/article_9f5e01be-b2b3-11ee-bc18-371f13cbd759.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です