<サイパン>連邦裁判所、IPIの140万ドルの競売収益分配計画を承認

NMI連邦地裁のラモーナ・V・マングローニャ裁判長は、判決債権者の要求通り、インペリアル・パシフィック・インターナショナルのゲーム機器競売収益の分配計画を承認しました。

IPIは連邦裁判所および地方裁判所の判決債権者(CNMI歳入税務局が同社に対して有する租税先取特権を含む)に対し、総額$21,108,568.71の債務を負っています。

2023年12月12日付の「競売収益の分配に関する判決債権者による合意書」は、CNMI政府と限定管財人クリア・マネジメントを含むIPIのすべての既知の判決債権者の間で交わされたものです。

同条項は、利用可能な150万ドル近い競売収益と、その後利用可能となる資金を、公正、衡平、効率的な方法で、CNMI政府を含むIPIの判決債権者に分配するための分配計画を定めています。

木曜日の審問で、マングローニャ判事は、分配計画に関するヒューズ・ハバード・アンド・リード(Hughes Hubbard & Reed、HHR)法律事務所とエズカン・ジェンク(Özcan Genc)氏の異議申し立てを却下しました。両原告の代理人はリチャード・ミラー弁護士です。

2023年12月5日、ニューヨークの法律事務所であるHHRは、総額約860万ドルの未払いの弁護士費用と経費を回収するため、高等裁判所にIPIを提訴しました。

ジェンク側はIPIに対して2つの請求をしています。1つは102人のトルコ人労働者のクラスを代表して提起された契約違反の請求であり、もう1つはタイトルVIIに基づきIPIに対して係争中の請求です。

フリッツ・パシフィック・プロジェクト開発サービスは、その代表者であるアルフレド・カバエル氏を通じて、IPIに対して525,466.70ドルの請求も行なっています。

カバエル氏は審理に単独で出廷し、約束手形を裁判所に提出したと裁判官に語りました。

しかし、裁判所が任命した管財人であるクリア・マネジメントは、マイケル・ホワイト弁護士を通じて、カバエル氏の参加が遅れたからといって、他の債権者への分配が滞ることはないと裁判所に伝えました。

マングローニャ判事は、カバエル氏が将来の分配に参加できるよう、IPIが支払うべき金額の請求書を提出するよう命じました。

ホワイト氏は、クリア・マネジメントは、裁判所が146万ドルの分配計画を承認してから10営業日以内に、同意した判決債権者とCNMI政府に分配を行う用意があると述べました。

「限定管財人は、裁判所がゲーム収益の分配を承認してから48時間以内に、(a)小切手を振り出すべき個人名または団体名(顧客名、弁護士信託口座など)、(b)小切手をマイケル・ホワイトの事務所で受け取るのか、または郵送すべき住所を記載したメールを限定管財人の弁護士に送るよう、裁判所が同意した判決債権者とCNMIのそれぞれに命じるよう要請する」とホワイト氏は述べています。

以下は、IPIの判決債権者と、分配計画に従って彼らが受け取る金額です。括弧内の数字はIPIが彼らに支払うべき金額を示します。

– ウィンジー・コーポレーション、(179,217.50ドル)、28,754.95ドル

– USA Fanter Corp. Ltd.、($226,127.05)、$26,609.31

– カン・パシフィック・サイパン社、($697,801.30)、$52,545.42

– カン・パシフィック・サイパン社、($209,808.22)、$11,536.79

– アートマン・コーポレーション、($106,890)、$20,052.79

– USA Fanter Corp. Ltd.、($500,000)、$27,493.67

– ジョシュア・グレイ、(5,686,182.20ドル)、326,843.18ドル

– ジェームス・ワン、dba南太平洋木材会社、(795,236.88ドル)、57,903.14ドル

– タン社、(191,070.56ドル)、24,681.65ドル

CNMI裁判所判決

– G4S、(11,711.23ドル)、11,711.23ドル

– RC、(69,722.25ドル)、22,734.09ドル

– ユーズLLC、(38,512.00ドル)、21,017.93ドル

– アトキンス・クロール、(78,403.34ドル)、23,211.44ドル

– アートマン・エンバイロメンタル・コーポレーション、(83,555.78ドル)、23,494.76ドル

– マイケル・ドッツ法律事務所、(396,625.62ドル)、40,709.64ドル

– エコラボ(グアム)、(17,629.84ドル)、15,144.61ドル

– GTビルシステムインターナショナル、($761,658.80)、$56,056.78

– ヘミネ・イプワン・アイランド、dba IPWANセキュリティ・サービス、($188,125.30)、$24,519.70

– フジテック・パシフィック、(2,679,255.45ドル)、161,500.30ドル

– ヤンツェ・コーポレーション、(248,000ドル)、27,812.05ドル

先取特権(抵当権)

– CNMI政府、($7,943,035.39)、$455,666.58

https://www.mvariety.com/news/local/federal-court-approves-ipi-1-4m-auction-proceeds-distribution-plan/article_a07b3014-b608-11ee-a474-2fada52d1760.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です