<グアム>ガヴラス弁護人:ブラウン検事は事件情報に通じている

2023年1月24日、グアム国際レースウェイのホセ・アンド・エルメニア・カルボ記念オフロードトラックのすぐ南にある、ハンターがよく訪れるトレイル沿いで人骨と思われるものが発見されたとの報告を受け、グアム警察の科学捜査課と他の緊急対応要員がジーゴの国道15号線の道路脇に集結。遺体はジェイソン・キンタニラ・ススイコ氏と特定された。

リック・クルーズ/パシフィック・デイリー・ニュース

1人の弁護人が提出した申し立てと政府検察官からの回答により、ジェイソン・ススイコ氏殺人事件の詳細がさらに明らかになりました。

この事件では、5人の被告が複数の重罪容疑で起訴されています。

ススイコ氏の遺体は2023年1月にジーゴで腐敗した状態で発見されました。陸軍退役軍人であるススイコ氏は、当時の検死官ジェフリー・ナイン博士によると、鈍器による外傷で死亡したとされています。

殺人事件で最初に逮捕者が出たのは2023年7月で、情報提供者の案内でシンシア・ローズ・キナタ容疑者が警察に逮捕され、加重殺人罪などで起訴されました。

その後、ブランドン・ルーファス・チャンドラー容疑者、ジェイソン・キース・マニブサン容疑者、ジョーダン・マイケル・ババウタ容疑者が逮捕されました。5人目の容疑者であるグレゴリー・リースは他の容疑者と事件を切り離しており、起訴状の詳細は不明です。

検察官ショーン・ブラウン氏の資格剥奪を求める申し立てが保留中です。ウィリアム・ガヴラス弁護士は、ススイコ氏の未亡人シェリル・ススイコ夫人は別居中の夫の25万ドルの生命保険の受取人であり、ジェイソン・ススイコ氏の殺害を計画したとされるリース容疑者と関係があったと述べました。

ガヴラス弁護士は、生命保険の存在はシェリル・ススイコ夫人を捜査する十分な理由であるはずであり、検察官としてこの事件を担当することで、ブラウン氏はシェリル・ススイコ夫人に免罪符を与えたと述べました。

ガヴラス氏は、ブラウン氏を失格とする申し立てを、不公平な条件に基づいて行いました。被害者のジェイソン・ススイコ氏は少女に性的虐待を加えたとされ、その結果、彼とシェリル・ススイコ氏はともに子供の親権を失いました。

ブラウン氏は、非公開の少年訴訟でシェリル・ススイコ夫人の代理人を務めたとガヴラス氏は述べ、その代理人としてブラウン氏は、関連性があり、被告には入手できない情報を入手しました。

ブラウン氏は、失格に反対する申し立ての中で、ジェイソン・ススイコ氏の事件に関する情報は知っていると述べています。しかし、検察官として、その情報に平等に、あるいはより詳細に知っているのであり、シェリル・ススイコ夫人の弁護士として知っているのではないと述べました。

ブラウン氏がシェリル・ススイコ夫人を見逃したという考えについて、ブラウン氏は、彼女は容疑者ではないと繰り返し述べ、警察の刑事は、彼女は夫を失った被害者であること以外は関与していないと結論付けました。

ガヴラス氏は返答の中で、シェリル・ススイコ夫人を調査しないことを選択したことは、ブラウン氏が元依頼人を優遇していることを意味すると示唆しました。

上級裁判所判事アーサー・R・バルシナス氏はすべての申し立てと議論を検討しており、決定は近日中に下されると述べました。

https://www.guampdn.com/news/defense-counsel-gavras-prosecutor-brown-privy-to-case-information/article_03daa0d6-2887-11ef-8b9f-6f86c96fb61e.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です