<グアム>警察官の給与が 25.59% 引き上げられるのは「間もなく」

グアム警察署の制服警官は、行政省の勧告を受け、ルー・レオン・ゲレロ州知事が今月承認したとおり、間もなく基本給が 25.59% 引き上げられる予定だとグアム警察署長のスティーブン・イグナシオ氏は述べました。

イグナシオ氏は月曜日の午後、議員との予算審議で、「当初は 6 月 9 日に開始する予定だったのですが… 一定の要件を満たさなければならないことは承知しています… もちろん、書類に記入しなければならないこともあります。ですから、間もなく開始日が来るでしょう。しかし、1 か月、2 か月、3 か月待つわけではありません。書類手続きの問題にすぎません」と述べました。

知事は6月7日、DOAの給与調整勧告を承認した。その勧告によると、警察官の最後の給与調整は2022年1月に行われ、公安および法執行報酬プランの18%調整とGPD警察官の採用および維持給与の差額10%と15%が含まれていました。

DOAは、警察官の基本給をさらに引き上げるべきであると勧告するだけでなく、既存の差額を維持することを勧告しました。

イグナシオ氏は月曜日、給与が連邦や他の地方法執行機関と比べて競争力がないため、職員がGPDを去っていると述べました。

月曜日に署長が提示したデータによると、GPDには当初、2024年度に研修生を含めて305人の警察官がいたとのことです。会計年度中に15人の警察官が警察署を離れ、7人が退職し、2人の研修生がGPDを去ったため、研修生を含めて6月時点で警察署の制服職員は281人となりました。

「公式または非公式の退職面談を通じて、退職する従業員の理由は給与だと皆が知っています。主な理由は給与です。25.59%の昇給が発表された今、すぐに言わせていただきますが、キャンプ・ブラズ(米海兵隊基地)に去った従業員が戻ってきています。昨年退職した従業員もいますが、戻ってくるには何をすればいいかと尋ねられています」とイグナシオ氏は月曜日に語りました。

ジョー・サン・アグスティン上院議員は、他の場所で給与が改善し始めた場合に警官が警察署を離れないようにGPDがどう保証するのかを尋ねました。

「少なくとも2、3年間は警官が離れられないという何らかの約束が必要で、そうすれば給料に見合う成果が得られる」とサン・アグスティン氏は述べています。

その懸念に対処するため、イグナシオ氏は、次の警察訓練サイクルには返済条項が設けられ、訓練生はGPDで最低3年間働くことを約束するか、訓練費用を返済することになると述べました。

給与の引き上げはまもなく開始される可能性がありますが、これはGPDの2025年度の戦略的取り組みの一部でもあり、同署は増額を維持するために900万ドルを求めています。

イグナシオ氏は月曜日、2025年度に向け、同局はさまざまな資金源、主に一般基金を通じて総額約5,500万ドルの予算を要求しており、「さらに人件費(給与引き上げ分)に900万ドル、法科学局の暖房換気空調設備に200万ドル、そして安全学校イニシアチブに150万ドル」を要求していると述べました。

https://www.postguam.com/news/25-59-pay-adjustment-for-police-officers-very-soon/article_05156614-2c7b-11ef-af0b-ffba4157d33a.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です