<グアム>ギャングリーダーとされる人物が関与した交通事故で3人目の男を起訴

シナハナでの交通事故で3人目の男が起訴されましたが、この事故は最終的に警察に追われ、ギャングリーダーの疑いがあったメセムワン・レプワク容疑者の逮捕につながりました。

5月10日午前7時30分頃、パービン・スピロイ被告はレプワク被告と共同被告のジューン・モヌを「散歩」のためにシナハナの住宅で拾いました。グアム上級裁判所に提出された治安判事の訴状によると、シナハナのペイレス・スーパーマーケットを通り過ぎた時、2人は2台の白いセダンに遭遇し、そのうち1台は幹線道路をふさいでいたとのことです。

モヌ被告によると、セダンの運転手の1人が「マザーファッカー」と叫んだ後、運転手はスピロイ被告が運転していた車に衝突されたと訴状には示されています。

「被害者は運転手(スピロイ)が攻撃的な運転をしているのを目撃しました。被害者はチャラン・カントン・トゥトゥジャンに左折しました。被害者がシナハナ・モービル(ガソリンスタンド)を通過したとき、被害者は2度目の衝突を受けました。被害者はその後、自分と家族の身の危険を感じ、中央警察署に向かうことを決めた」と訴状には記されています。

訴状によると、モヌ被告は、被害者が「彼らから逃げよう」としていたが、その後、スピロイ被告がシナハナ・モービルのガソリンスタンドに入り、底を突っ込むのを見たと言います。スピロイ被告はシナハナ・モービルの「駐車場を猛スピードで走り抜け」、他の車に衝突しそうになったと言います。グアム警察は、監視カメラの映像にスピロイが運転する車が映っていたと指摘しました。

被害者はその後、もう一度左折しようとしたが、スピロイ被告に3度目の衝突を受けたと言います。 3度目の衝突を受けた後、被害者はそれ以上の被害を避けるために前進しようとしたが、4度目の衝突を受けたため、被害者は車の制御を失い、ガードレールにぶつかり、スピンアウトして停止し、9Aのタイヤショップ近くの小さな道路に後退したと訴状には記されています。

「被告とその仲間は灰色の日産車から降り、被害者に戦うよう挑発した。その後、灰色の日産車は走り去り、葬儀場の近くで停止した。モヌ被告は被害者の車に乗っていた子供たちが泣いているのに気づき、スピロイ被告がどの方向に走ったのかわからなかったが、その後証言した」と訴状には記されています。

スピロイ被告は、第2級重罪として加重暴行2件、軽罪として無謀行為の罪で起訴されました。

レプワク被告

レプワク被告とモヌ被告は、交通事故後に逮捕された後、この事件で最初に起訴された2人です。

起訴状によると、レプワク被告、モヌ被告、スピロイ被告、およびもう1人の人物は、被害者の車に4度目の衝突をした後、車から降り、その後、マチェーテと銃器を持って被害者の車を何度も叩いたとのことです。

レプワク被告はマチェーテを振り回して被害者の背中を殴り、被害者の左肩甲骨に8~10インチの裂傷を負わせたとされています。モヌ被告はショットガンを振り回して被害者に向けたと裁判所の文書に記載されています。

レプワク被告とモヌ被告が逮捕されたとき、スピロイ被告と、同じくマチェーテを振り回していた4人目の人物は見つかっていませんでした。

この事件でレプワク容疑者は加重暴行、警察官への暴行、逮捕抵抗の罪で起訴され、モヌ容疑者は加重暴行と、重罪を犯す際に殺傷力のある武器を使用したという特別な容疑で脅迫の罪で起訴されました。

レプワク容疑者の逮捕により、GPDによる総力を挙げたレプワク容疑者の捜索活動は終了しました。GPDのスティーブン・イグナシオ署長は、レプワク容疑者は、5月3日にマイテで14歳の少女を銃撃したとされる事件を含む、他のいくつかの危険で暴力的な事件の容疑者として特定された後、「非常に危険な人物」とみなされていたと述べました。

イグナシオ署長は、レプワク容疑者が逮捕される2日前の5月8日に行われた記者会見で、この暴力的な事件は「ストリートギャングを結成」しようとする試みのようだと述べました。

https://www.postguam.com/news/local/3rd-man-charged-in-traffic-crash-involving-alleged-gang-leader/article_87bab75c-2d18-11ef-a43b-7f956369bdd1.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です