<グアム>告訴:被害者がゲームルームの外で背中を刺される

ハガニアのゲームルームの外で男性が背中を刺したとして告訴されました。

月曜日、グアム警察署の警官は、ハガニアのゲームルームで起きた暴行事件の通報に対応しました。被害者は「カウボーイ」としか呼んでいなかった男に、ゲームルームの外を歩いていたところ背中を刺されました。

グアム上級裁判所に提出された治安判事の告訴状によると、警察は被害者の「カウボーイ」という説明をもとに、グアム・トロピカル・ダイブ・ステーションの近くに立っていた男を発見しました。この男は後にカムウェ・アゲン容疑者と特定されました。

「この人物を捜索したところ、ナイフを 2 本所持していたことが判明しました。1 本は 3 インチの鋸歯状の刃、もう 1 本は 2 インチの刃が折れていました。男を見た被害者は、自分を刺した人物と断定しました」と告訴状は述べています。

その後、アジャン容疑者は逮捕され、権利を告げられました。

「彼(アジャン)は、(被害者が)自分は受け取る権利があると信じていた金額を渡すのを拒否したため、(被害者を)刺したことを認めた」と告訴状は述べています。

被害者は後に、右肩の上部の後ろ側に長さ1インチ、深さ約0.5インチの刺し傷があることが判明しました。

アジャン容疑者は、第3級重罪として加重暴行の罪で起訴されました。

https://www.postguam.com/news/local/complaint-victim-stabbed-in-the-back-outside-game-room/article_fe5a2610-2d20-11ef-82e9-3352454d3698.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です