<グアム>報道:米海兵隊のグアム移転は12月に開始予定

共同通信は日曜日、沖縄からグアムへの米海兵隊の移転は12月に開始される予定だと報じました。ルー・レオン・ゲレロ知事は月曜日、同通信とのインタビューで、今年は約100人の海兵隊員がグアムに来ると承知していると述べました。

「沖縄の海兵隊員の移転は何年も前から計画されていました。そして、ようやく島に何かが来るのを目にし始めたところです。今年は約100人になると思います。そして、今後数年でさらに増えるでしょう。しかし、移転に関して検討されている総数は約5,000人です。これには配偶者や基地に付随するその他の関係者は含まれていません」とレオン・ゲレロ知事はインタビューで述べています。

グアム・デイリー・ポストは知事の発言の録音を聞くことができました。

知事が指摘したように、この移転は長い間待ち望まれていたもので、米国と日本は2012年に約5,000人の海兵隊員を沖縄からグアムに移転することで合意しました。

この移転に関する米国議会調査局の2023年8月の報告書では、沖縄の海兵隊普天間飛行場に対する日本国内の国民の反対と安全への懸念が高まる中で合意が成立したと述べられています。また、この報告書では、海兵隊員とその家族が今年中にグアムへの移転を開始するとしています。

月曜日に移転についてどう思うかと尋ねられたレオン・ゲレロ知事は、グアムは軍備増強を受け入れており、実現に向けて軍と「素晴らしいパートナーシップ」を築いてきたと述べました。

「台湾と中国の間で緊張が高まっている地政学的な状況を踏まえ、軍は我々を守り、国家の安全保障と我々の安全を守るために存在していると我々は信じています。国民はこうした緊張を非常に懸念しています」とレオン・ゲレロ知事は述べました。

グアムは今年、第二次世界大戦中の日本軍の占領からの解放80周年を祝うことになるだろうと知事は指摘しました。

「我々は常に米国が我々を解放してくれたことに非常に感謝しており、愛国心を持ち続けています。しかし、我々は軍に対しても警告しています。我々は軍備増強を受け入れ歓迎しますが、彼らは我々の文化、環境、人々、伝統を守り、支援し、尊重しなければなりません。そして、これまでのところ、彼らは我々の文化を尊重してくれています」とレオン・ゲレロ知事は述べました。

「もちろん、(米海兵隊基地)キャンプ・ブラズは非常に巨大な基地であり、そこでは多くの建設が行われており、環境が大きく変化しています。…しかし、彼らが行ったのは森林再生です」と知事は付け加えました。

軍備増強と海兵隊基地の建設により、住宅費や建設資源への影響、チャモロ族の先祖の遺物や遺骨の扱い、先祖の土地への一定のアクセスの喪失、飲料水やその他の環境問題への潜在的な悪影響など、さまざまな環境、経済、文化上の懸念が生じています。

知事は月曜日、移転による人口増加とそれが地元のインフラに与える影響に対する懸念を指摘しました。

「軍は我々と協力して、これらのサービスの拡大のニーズが対処され、公共サービス、教育、医療と連携していることを確認している」とレオン・ゲレロ氏は述べ、軍は影響調査を実施し、それらの影響の緩和策を勧告したと付け加えました。

「我々は実際にこの軍の増強と軍の拡大によって経済的恩恵を受けています。そしてそれは我々のコミュニティに、政府サービスと公共サービスの改善、アップグレード、拡大という点で役立っています。また、民間部門にもより多くの経済的利点をもたらしています」と知事は共同通信に語りました。

海兵隊の移転に加えて、米軍は中国の軍事的脅威への対応として、グアムにミサイル防衛システムを構築する計画です。

海兵隊の移転のための軍備増強と同様に、ミサイル防衛システムに関する環境影響評価書が作成中です。しかし、ミサイル防衛のテストと標的追跡活動は2025年度に開始される予定で、これらの活動は懸念を引き起こしており、地元の指導者たちは、この問題を議論するための公開意見聴取期間の延長と公開タウンホールミーティングの開催を求めています。

マリアナ統合地域からの以前の声明によると、グアムの軍人総数は2037年までに約44,000人に達すると予想されています。この数には、現役および予備役、州兵、国防総省の民間人および扶養家族が含まれます。

島内の国防総省の現在の総人口は約26,000人ですが、2026年までに2,500人増加すると予想されています。

https://www.postguam.com/news/local/report-transfer-of-us-marines-to-guam-to-begin-in-december/article_fede1df6-2d1d-11ef-a236-17441d9fd090.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です