<グアム>擁護者たちはユナイテッド航空の民間人向けペット輸送ポリシーの復活を求めている

グアム・アニマルズ・イン・ニード、GAIN、ジェームス・モイラン議員はユナイテッド航空に対し、COVID-19パンデミック中に中止され、その後退役軍人のみを対象に復活した民間人向けペット輸送プログラムを再開するよう求めています。

クイン・ブレーディ提供

グアム・アニマルズ・イン・ニードのローレン・カブレラ会長とジェームズ・モイラン議員は、ユナイテッド航空に対し、COVID-19パンデミック中に中止され、その後復活したが、退役軍人のみ対象となった民間人向けのペット輸送プログラムを再開するよう求めています。

現在、ユナイテッド航空は、恒久的な任務変更でグアムを離れる軍人に対し、ハワイ行きのフライトで最大4匹のペットを輸送することを許可しており、ハワイでは本土行きの別の航空会社への乗り換えが手配されています。

カブレラ氏は、ユナイテッド航空に民間人にも同様のチャンスを与えてほしいと言います。

「これは差別の境界線上にある」と同氏は語りました。

モイラン氏は最近、ユナイテッド航空の社長兼CEOスコット・カービー氏に宛てた手紙の中で、「個人とペットの絆に関しては、個人が制服を着ているかどうかは関係ない」と述べました。

モイラン氏はまた、ユナイテッド航空は米国本土50州内でペットの旅行ポリシーを定めており、米国領土であるグアムがこのポリシーから除外されているのはなぜかと疑問に思っていると書いています。

「これが貴社のビジネスポリシーであることは理解していますが、国民を代表して、我が国の民間人に対する配慮がなされることを望みます」とモイラン氏はその手紙の中でカービー氏に伝えました。

カブレラ氏は、ペットを輸送する意思のある外国航空会社はあるものの、大陸棚法のため、「外国航空会社を利用して米国の2地点間でペットを輸送することはできない」と述べました。

カブレラ氏によると、ユナイテッド航空は数年前、客室乗務員が犬を頭上の荷物入れに置き、死亡させるという事件があったため、ペット輸送プログラムを中止しました。

このプログラムはパンデミック後に復活したが、軍関係者のみ対象でした。

カブレラ氏は、グアムのユナイテッド航空幹部や米国本土の本社に何度も連絡を取ったと述べました。

これにはユナイテッド航空の政府関係および国際公共政策担当副社長テレサ・ファリエロ氏も含まれており、カブレラ氏によると、同氏はペットの飼い主を支援する全国組織であるヒューメイン・レスキュー・アライアンスの会長も務めているとのことです。

しかし、カブレラ氏は、ファリエロ氏が複数の電子メールメッセージに返信していないと述べました。

カブレラ氏は、ユナイテッド航空が1便あたり最大4匹のペットの輸送を許可すれば、最大1460匹が救われる可能性があると言っています。

「ペットを安楽死させるために置き去りにしなければならないのは心が痛みます」とカブレラ氏。

彼女は、ユナイテッド航空にペット輸送プログラムを再開するよう引き続き働きかけると述べました。

「輸送できないために置き去りにされる人々のせいで犬を殺している限り、私は止めません」とカブレラ氏は付け加えました。

https://www.guampdn.com/news/advocates-call-for-return-of-uniteds-pet-shipping-policy-for-civilian-community/article_422596d2-2dde-11ef-9b31-33bdc1459226.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です