<グアム>殺人未遂事件訴訟が棄却される

火曜日の朝、グアムの上級裁判所で殺人未遂事件訴訟が棄却されました。

リチャード・ロイ・サブラン被告は火曜日、2023年8月2日にフマタックで男性を銃撃した容疑でアルベルト・ラモレナ3世裁判長の前に出廷しました。

サブラン被告は殺人未遂と加重暴行2件で起訴されましたが、ラモレナ判事は検事総長事務所が棄却に向けて動いていると述べました。

「つまり、この訴訟は棄却されるが、政府があなたを再び起訴することを妨げるものではないということです。わかりますか?」とラモレナ判事はサブラン被告に説明しました。

「しかし、近い将来、この事件は終了し、あなたは本日釈放されます」とラモレナ判事は付け加えました。

サブラン容疑者は2023年8月初旬に起訴されて以来、5万ドルの保釈金で矯正局に拘留されています。全ての罪で有罪となれば、懲役110年が科せられる可能性があります。

起訴状によると、グアム警察署の警官は2023年8月2日午前11時43分頃の銃撃事件の通報に対応し、フマタクでその日の朝、深夜から午前1時の間に銃撃されたという男性と遭遇しました。

グアム高等裁判所に提出された治安判事の訴状によると、被害者はガールフレンドをマレッソの自宅に降ろしていたところ、家の前に2人の男が乗った暗い色のセダンが駐車しているのを見たとのことです。被害者によると、その後、2人の男がセダンから降り、そのうちの1人が拳銃を向け、その後2発の銃声を聞いたとされています。

その後、被害者は日産パスファインダーに乗り込み、フマタクの自宅に戻りましたが、そこで銃撃2発を負い、病院に運ばれたことが判明しました。警察官は後にパスファインダーのフロントガラスに銃弾の穴があるのを確認し、弾丸はダッシュボードに当たった後に助手席のヘッドレストに跳ね返り、そこから出た可能性があると判明した。訴状によると、運転席のドアハンドルにも乾いた血痕が見つかったとのことです。

翌日、警察はサブラン被告と面会し、彼は被害者のガールフレンドの元ボーイフレンドである男性とマンギラオの自宅にいると話しました。

その後、彼らは黒いフォード・ムスタングに乗って女性の住居に向かいましたが、車道でパスファインダーに阻まれ、ムスタングに衝突したとサブラン容疑者は警官に話しました。

2人の男は車から降り、サブラン容疑者は銃器をつかんでパスファインダーに発砲したとされます。サブラン容疑者は、車が走り去る前に「1発は『警告射撃』、もう1発はパスファインダーの方向へ」と2発発砲したとされています。

訴状によると、サブラン容疑者は拳銃をジャングルに捨てたとのことです。また、サブラン容疑者は銃器身分証明書を所持していなかったことを認めたとも記されています。

彼は第一級重罪として殺人未遂、第二級および第三級重罪として加重暴行2件で起訴されました。この3つの容疑には、殺傷兵器の所持または使用に関する特別な容疑が伴っていました。

サブラン容疑者はまた、第三級重罪として有効な銃器身分証明書なしで銃器を所持していたとして起訴されました。

https://www.postguam.com/news/local/attempted-murder-case-dismissed/article_e98a2500-2d1b-11ef-9498-df0dcc2b2361.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です