<サイパン>「カジノは依然としてNMI経済に貢献できる」

コモンウェルス・カジノ委員会のエドワード・C・デレオン・ゲレロ委員長が火曜日、下院歳入委員会に出席。

立法局の写真

コモンウェルス・カジノ委員会のエドワード・C・デレオン・ゲレロ委員長は火曜日、下院歳入委員会で、カジノ産業は地元経済の活性化に貢献できると語りました。

毎年1ドルを除き、CCCは地元資金を受け取っておらず、2020年の新型コロナウィルスのパンデミック発生以来、インペリアル・パシフィック・インターナショナルが支払えていない年間規制料315万ドルで賄われることになっています。

2024年4月19日、IPIはNMIのために連邦地方裁判所に連邦破産法第11章の適用を申請し、債権者に対して1億6580万ドル以上の債務があると述べました。

デレオン・ゲレロ氏は、ラルフ・N・ユマル下院議員が委員長を務める歳入委員会に対し、CCCが無給の仕事を行ってから約1年半が経過していると語りました。

「しかし、議長、あなたがこの会議を招集したのです。委員会と公法19-24、行政管理予算局による予算要求を尊重し、私たちはあなたの前に提示された予算を提出しました」とデレオン・ゲレロ氏は述べました。

同氏は、アーノルド・I・パラシオス知事が2025年度にCCCに2ドルの地方予算を提案したと述べました。同氏は、彼らの315万ドルの予算案はIPIがCCCに負っている金銭を反映していると言います。

「私たちは、315万ドルを議会が割り当ててくれることを期待しています。それは入手できないからです。前進するための権限が必要です。以前の予算と同様ですが、IPIからは1ペニーも受け取っていません」とデレオン・ゲレロ氏は述べました。

それでも、カジノ産業は地元経済の活性化に役立つと信じているが、「現在の独占状態のままではそれは不可能です」と同氏。

デレオン・ゲレロ氏は、サイパンでのカジノゲーミングを合法化したP.L.18-56が、政府の退職プログラムの資金を賄うための独占的なカジノライセンスを規定していたことを指摘しました。彼は「時代は変わり、今こそ立法府がその独占的なライセンスを外すことを検討する時だ」と述べました。

同氏は、CNMI 政府が複数のカジノ ライセンスを許可したら、CCC は「何か違うことをする」ことを提案していると述べました。

ユムル氏は「しかし、我々は [この] カジノをどうするつもりですか? ライセンスを取り消すのですか?」と質問しました。

デレオン・ゲレロ氏は、カジノ運営会社が連邦破産法第 11 章の適用を申請した際、CCC は IPI のカジノ ライセンスを取り消すことを審議していたと述べました。

同氏は「[破産を] 申請すると自動的に停止されるという条項があります。つまり、取り消しには主に金銭が絡むため、取り消しの審議を進めることはできません」と述べました。

ユムル氏は「なぜカジノ法の改正を提案しているのですか?」と質問しました。

デレオン・ゲレロ氏は「IPI は独占権を自主的に放棄したと思います」と答えました。

ユムル氏は「彼らがあなたにアプローチしたのですか?」と質問しました。

デレオン・ゲレロ氏は、この件に関係する弁護士との話し合いに基づき、「破産判事が何と言うか待つべきです」と述べました。

また同氏は、月曜日に、カジノ委員会が取り消し審理を継続できるよう、検事総長が NMI 地方裁判所に差し止め命令の免除を要請している旨の宣言書に署名したことを委員会に伝えました。

https://www.mvariety.com/news/local/casino-can-still-help-nmi-economy/article_188f9b58-2e0e-11ef-9213-df461f1c7f29.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です