<サイパン>グロットの門の南京錠が壊れ、密猟者の疑いあり

マッピのグロット入口の門の近くの地面に落ちている、壊れた南京錠を指差すコミュニティボランティアで公園・レクリエーション職員のマックス・アグオン氏。

提供写真

コミュニティボランティアで公園・レクリエーションのスタッフでもあるマックス・アグオンさんは、水曜日の朝、グロットの入り口のゲート付近の地面に壊れた南京錠が落ちているのを見て驚いたと話しました。

「午前7時37分にゲートを開けに来たところ、地面に壊れた南京錠が落ちているのを見ました」とアグオンさんは言います。「直属の上司であるレイ・サブラン氏と公園・レクリエーションのディレクター、マイク・クルズ氏に電話しました」

アグオンさんは、安全上の理由から夕方にはゲートを閉めると話しています。

「誰かがここにいた形跡がありました」とアグオンさんは付け加えています。「パビリオンにシャツが残っていました。釣りに使う手袋も見つかりました。密猟者が南京錠を壊し、火曜日の夜遅くか水曜日の早朝に釣りをしに行ったとみられます」

グロットは保護区域です。

アグオンさんによると、白いピックアップトラックがグロットに入っていく様子を捉えた防犯カメラの映像があるとのことです。

同氏は、事件は公安局に報告済みだと述べました。

この事件について何か情報をお持ちの方は、911 または、匿名を希望する場合は Crime Stoppers (670) 234-7272 までお電話ください。

https://www.mvariety.com/news/local/grotto-gate-padlock-broken-poachers-suspected/article_7b009e1e-2e49-11ef-95d2-1f932dd5225f.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です