<グアム>ドゥエナス氏、法案175についてペレス氏に反論、立法府は会期を控える

来週から6月議会が始まるが、その中で重要な議論になると予想されているのが、土地開発に対応するためにグアムの下水法改正を提案する法案175-37であり、特定の議員や環境規制当局から深刻な懸念を集めています。

この法案は、公表された委員会報告がないまま、会期中の議題として採決されました。サビナ・ペレス上院議員は、この法案を監督する委員会の責任者であり、法案175の公聴会の後、数ヶ月間この委員会に留まっていました。ペレス上院議員は、グアム・デイリー・ポスト紙に対し、法案175の開発許可規模が提案されているため、この法案を委員会から出すことを躊躇していると語りました。

法案175は、グアムのトイレ施設および下水処理法における浄化槽の定義に新たな文言を盛り込み、自家用下水処理システム、高度窒素低減型オンサイト処理システム、土壌吸収システムの定義を追加するものです。

本措置の第7項では、グアムの地下水保護地帯(GPZ)内のいかなる場所においても、開発密度は、浄化槽を含む自家用汚水処理システムを備えた住居を1エーカーあたり2戸までとします。しかし、窒素削減システムを使用する場合は、1エーカーあたり4世帯まで許可されます。

さらに第7項では、親の分譲地や被相続人の遺産から生じた土地については、GPZ内の密度は1区画または1敷地につき1戸に制限されるが、窒素低減システムが使用される限り、その区画または敷地は7,200平方フィート、つまり1エーカーの約6分の1まで小さくすることができるとしています。つまり、1エーカーあたり最大6戸の住居が建てられることになります。

ペレス議員の争点となったのはこのセクションです。第7節は委員会では変更されませんでしたが、ペレス氏は、たとえ修正されたとしても、本会議場で元の文言に戻される可能性を懸念していました。

法案175のメインスポンサーであるクリス・ドゥエナス上院議員は、ペレス氏のコメントに対し、委員長であるペレス氏には委員会審議中に修正案を提案する「権限と責任」があると述べました。

「修正案が議場で覆されることを恐れて、委員会で法案を修正しないことを選択したペレス上院議員は、同僚間の徹底的な討論と討議を促進する義務を怠っている」とドゥエナス事務所からのプレスリリースは述べています。

「立法プロセスは、厳格な討論と、すべての上院議員が意見を述べ、修正案を提案する機会を含むように設計されています。議場での思惑で法案が保留されることは許されません。すべての上院議員は、立法過程を通じて法案とその修正案の是非を議論する役割を担っている」とリリースは付け加えました。

リリースは、ドゥエナス氏が、1エーカーあたり4戸という制限を維持する修正案を含む法案175が、「適切に議論され、前進する」ことを保証することを約束したと述べています。

グアム環境保護庁のミシェル・ラスティモザ長官は、法案175の公聴会において、セクション7は同庁の勧告を超えており、非親分譲地および非遺留地では帯水層への年間廃水負荷が100%増加し、親分譲地および遺留地では200%増加すると述べました。窒素削減システムを導入しても、水質の著しい悪化につながると彼女は付け加えました。

ペレス氏や他の上院議員たちは、法案175が議会に提出された後のコメントで、環境問題への懸念を表明しました。ドゥエナス氏のもう一つの法案は、住宅地区での付属住戸の建設を許可するもので、委員会報告なしで議題となりました。ペレス氏は、この2つの対策を組み合わせることで、帯水層への被害を促進する手段になると述べています。

また彼女はプレスリリースで、法案175は分譲法を遵守しない無責任な開発を「救済」するものだと述べました。

https://www.postguam.com/news/local/duenas-responds-to-perez-on-bill-175-legislature-preps-for-session/article_a170c956-2dcd-11ef-baa5-ffcdd4bf4e7e.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です