<グアム>検事総長、2021年殺人事件の新証人と面談

前フモタク市長ダニエル・サンチェス氏の2021年死亡事件における新たな証人が木曜日、検事総長の事情聴取を受けました。

木曜日午前、ルディ・フェグルガー・キナタ被告がグアム高等裁判所でヴァーノン・ペレス判事の前に現れました。

キナタ被告は、2021年のサンチェス氏の死に関連する殺人容疑の2回目の裁判を待つために出廷しました。一審で有罪が確定した後、キナタ被告は上訴し、成功しました。グアム最高裁判所は、「陪審員の不正行為というもっともらしい主張」を理由に有罪判決を取り消しました。

控訴の結果が発表されて以来、この事件に新たな進展があり、新たな証人の可能性があり、事情聴取が必要であることがペレス判事の知るところとなったとショーン・ブラウン検事補は3月の公聴会で述べました。

木曜日、リア・ディアス-アグオン検事補は、ブラウン被告が矯正局に拘留されている証人との面会が、キナタ被告の審問と同時に行われていることを確認しました。ディアス-アグオン検事補はさらに、ブラウン被告がキナタ被告の弁護士である公選弁護人代理のピーター・サントス氏と面会後に連絡を取る予定であると述べました。

証人についてはまだほとんどわかっていませんが、キナタの起訴に影響を与える可能性があるだけでなく、APDが新しい証人の代理人を務めることで利害の対立が生じる可能性もあるため、事情聴取は重要です。APDが取り下げを申請した場合、キナタ被告は二審で弁護人を新たに選任しなければなりません。

Post紙のファイルによると、サントス弁護士はキナタ被告の一審の弁護士を務めただけでなく、キナタ被告の上訴中も、サントス弁護士が最高裁に新しい裁判を要求する際の口頭弁論を行いました。

殺人事件

クイナタ被告と共同被告のジョイナー・スケッドは2021年4月、クイナタ被告のフモータクの自宅でサンチェス氏の遺体が発見された後、殺人罪で起訴されました。当時、捜査当局はサンチェス氏がハサミで23回刺され、ハンマーで頭を殴られたと考えていたと裁判文書に記されています。

結局、2人は別々に裁判にかけられ、2人とも有罪となり、終身刑を言い渡されました。

キナタ被告とスケド被告は有罪判決を不服としてグアム最高裁判所に上訴しました。その結果、「陪審員の不正行為というもっともらしい主張」により、キナタ被告の有罪判決は破棄され、再審に付されました。一方、判事たちは、スケッド被告の殺人罪の有罪判決を支持しましたが、彼女がサンチェス氏を刺すのに使ったとされるハサミとスケッド被告を結びつける十分な証拠がないと裁定し、凶器使用というスケッド被告の特別申し立てを取り消しました。

クイナタ被告が2回目の裁判を待つ間、先月、スケッド被告は15年後に仮釈放の資格を持つ終身刑の再判決を受けました。

ブラウン検事は以前、法廷でスケッド被告の弁護士と話し、彼女がキナタ被告の裁判に関与する可能性について話し合う意向があると述べました。

「彼女(スケッド)が有罪判決を受けた以上、憲法修正第5条はもはや適用されないことを法廷にもお伝えしたいと思います。共犯者(キナタ)の裁判は3月20日にあります。…それが進むかどうかはわかりません。しかし、ある時点で、(テレンス・)ティンブリン氏と彼の依頼人とともに、(陪審員は)彼女から話を聞きたいと思うだろうから、その裁判中に具体的に何が起こりうるか、じっくりと検討したい」とブラウン氏は2月29日に話しました。

https://www.postguam.com/news/ag-talks-to-new-witness-in-2021-homicide/article_1b9fb6ba-2ea5-11ef-baaa-cbf35fcaead4.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です