<グアム>被害者がコードワードをテキスト送信して通報したため、男性が家庭内暴力で起訴される

家庭内暴力の被害者とされる女性が、知り合いの男性から虐待を受けていることを友人に知らせるためにコードワードを使用しました。

水曜日の午後9時58分頃、グアム警察署の警官は、友人の安否確認を求める女性からの電話を受けました。その友人は、その日の夕方、女性に「コードワード」をテキスト送信し、ブライアン・ジョー・サントス容疑者から虐待を受けていることを知らせたと、治安判事の告訴状に記載されています。

その後、グアム警察署は被害者の自宅に到着し、彼女の左上腕二頭筋に2つのあざ、眉のライン付近の顔の右側に腫れとあざ、頭の左側に赤い斑点、下唇にあざがあるのを確認したと告訴状に記載されています。

被害者は警官に対し、受け取ったテキストメッセージについて口論中にサントス容疑者(39歳)が攻撃的になったと話しています。

「彼は彼女に話すのをやめるように言い、それから握りこぶしで彼女の頭の左側を殴った」と訴状には記されている。

被害者はその後、サントス容疑者が過去に彼女を身体的に暴行したことがあり、「自分と子供たちの安全を恐れた」ため、合言葉を思いついたと述べた。訴状によると、彼女は、メッセージを送信する2日前に、サントス氏が彼女の頭と左腕を殴ったとされています。

サントス氏はGPDの中央管区に連行され、そこで被害者を複数回身体的に暴行したことを認めたとされています。

「彼は警察に、彼女の左腕を複数回、口を1回殴ったと語った。彼が彼女の下唇を殴ったとき、古い傷が開き、彼女の口から血が出た」と訴状には記されています。

サントス容疑者は逮捕され、現在、軽犯罪として家庭内暴力の3つの容疑に直面していまう。

サントス氏は木曜日にジョナサン・クアン治安判事が命じたように、2,000ドルの保釈金で矯正局に拘留されている。

https://www.postguam.com/news/local/man-charged-with-family-violence-after-victim-texted-code-word-to-make-report/article_90393990-2f7e-11ef-9aca-6f04870da92b.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です