<グアム>GFD: 金曜、珊瑚礁の外でうつぶせになっているのが目撃された遊泳者を捜索中

金曜早朝、タモン湾の珊瑚礁の外でうつぶせになっているのが目撃されたと報告された遭難した遊泳者の捜索が行われています。

グアム消防局によると、金曜午前12時15分、5人がタモンのガンビーチで海に入ったとのことです。「珊瑚礁の外でうつぶせになっている別の人物を見た」という報告があったと言います。

その後、ザ・ビーチ・バー&レストランのマネージャーに通報され、911番通報が開始されました。

午前10時30分頃、GFDの広報担当代理ケビン・ライリー氏は、「GFDの救助、エンジン、医療部隊が対応し、初期捜索を開始しました。USCG(米国沿岸警備隊)の対応船、HSC-25(ヘリコプター海上戦闘飛行隊25)も、報告された行方不明の遊泳者の捜索に加わりました」と地元メディアに語りました。

ライリー氏はまた、GFDがエンジン部隊で海岸線を捜索している間、GFDと米国沿岸警備隊のドローン部隊が「空中捜索パターンをカバー」していると述べました。

「捜索救助パートナー全員による捜索は今日も続いており、報告の確認と検証を続けています」とライリー氏は述べました。

ライリー氏は捜索活動が続く中、ガンビーチの現場におり、最初の報告があったときにサンゴ礁の外に浮かんでいたのが人だったのか物体だったのかはまだ確認されていないとさらに述べました。

これを考慮して、ライリー氏は捜索に加え、GFDは行方不明者報告についてグアム警察に連絡を取り、ホテル宿泊客が行方不明になっていないか確認するためにグアム観光局に連絡を取り、予防措置を講じていると述べています。

今週初めにUSSロナルド・レーガンから到着した数千人の軍人の存在も、捜索を打ち切る前に考慮されています。

「軍人と観光客の両方を含む多くの訪問者が島に来るため、軍にも連絡を取り、軍側にも十分な説明責任があることを確認しています」とライリー氏は述べました。

午後1時20分、ライリー氏はGPD、軍、グアム観光局に確認した結果、地元で行方不明者の報告はなかったと確認し、捜索は中止されました。

https://www.postguam.com/news/local/gfd-swimmer-seen-facedown-outside-the-reef-prompts-search-efforts-friday/article_c6c40fa6-2f67-11ef-9d79-1b62f94eb875.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です