<サイパン>CCC委員長:フローレス氏の「政治的動き」には加わらない

コモンウェルス・カジノ委員会委員長のエドワード・C・デレオン・ゲレロ氏(左)が金曜日の委員会月例会議で発言し、ラルフ・デマパン副委員長が文書を読み上げる。

写真:エマニュエル・T・エレディアノ

コモンウェルス・カジノ委員会委員長のエドワード・C・デレオン・ゲレロ氏は金曜日、コモンウェルス・カジノ委員会はマリッサ・フローレス下院議員の「政治的動き」には加わらないと述べました。

2022年にパラシオス - アパタン候補から出馬した第3選挙区の無所属フローレス氏は、今年再選を目指しています。

先週の下院歳入委員会の予算審議で、フローレス氏とデレオン・ゲレロ氏はCCCの2025年度予算提出とインペリアル・パシフィック・インターナショナルについて激しい議論を交わしました。

火曜日のセッションで、フローレス氏はCCCがコモンウェルスを「失望させた」と述べました。

金曜日のCCC会議で、デレオン・ゲレロ氏は、2020年にカジノ投資家に対して5件の執行措置を申し立てたことから、IPIが連邦裁判所に最近破産法第11章を申し立てたことまで、委員会とIPIの間で起こったことを要約しました。

これらの法的手続きの間中、デレオン・ゲレロ氏は「私たちはまだ自動停止中です」と述べました。

「ですから、フローレス議員がカジノライセンスを取り消すべきだったと言い続ける理由が理解できません。IPIの適正手続きの権利を侵害できる理由が理解できません」と同氏は付け加えました。

同氏は、フローレス議員の主張を理解するのに苦労していると述べています。「それは政治的な声明または政治的な動きであり、CCCはそれに参加するつもりはありません」

フローレス議員がどんな個人的な目的を持っているにせよ、デレオン・ゲレロ氏は、CCCは「法律によって業界を規制するために設立されました。私の意見では、私たちは非常に強力で堅牢な規制を持っています。非常に強力な内部統制基準を持っています」と述べました。 「私たちの公法は、[CCC]の自治権を創出するのに十分な力を持っていると私は信じている」と彼は付け加えました。

デレオン・ゲレロ氏は、2020年以降、CCCは検事総長事務所の支援を受けて受託者責任を果たしてきたことをフローレス氏に説明する方法が他にないと述べました。

これには、2020年にIPIに対して5件の執行措置を申し立てたこと、2021年に証拠審問が行われた、2023年にCNMI最高裁判所がCovid-19は不可抗力であるとの判決を下したため、CCCがIPIに課したライセンス停止とともに660万ドルの罰金が500万ドルに減額されたこと、そしてIPIが連邦破産法第11章を申請したことで停滞している取り消し審問が含まれます。

デレオン・ゲレロ氏によると、驚くべきことに、フローレス氏はCovid-19は不可抗力ではないと主張する際にGoogleを情報源として挙げたとのことです。

政策立案者として、CCC会長は「最高裁判所の判決に頼らなければならないのであって、Googleに頼るのではない」と述べました。

「Googleはこの問題の権威ではない」と同氏は付け加えています。 「我々は最高裁の意見に耳を傾けます」

デレオン・ゲレロ氏は、最高裁の判決を受けて、IPI の「遅延戦術」にもかかわらず、CCC は取り消し審理の準備を整えたと述べました。

その後、IPI は NMI地方裁判所に一時的差し止め命令の申し立てを行い、地方裁判所は TRO を発行し、IPI にCCC の訴訟に対する差し止め命令を与えました。地方裁判所はまた、両当事者に仲裁に入るよう命じました。

デレオン・ゲレロ氏は、CCC は当然の批判を受け入れると述べました。「しかし、[フローレス氏からの]批判は、我々が受けるに値するものではなく、非常に個人的な批判になっていることを歓迎しません」と同氏は付け加えました。「私はこれについてこれ以上の議論は受け付けません」と同氏は述べました。

https://www.mvariety.com/news/local/ccc-chair-we-won-t-participate-in-flores-political-moves/article_ee739c1c-36a9-11ef-8eb1-4bb47a2c22d6.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です