<サイパン>IRS が CCC に対して 580 万ドルの連邦税差し押さえを申請

米国財務省の IRS は、連邦裁判所にコモンウェルス・カジノ委員会に対して 2022 年 12 月 12 日で終了する課税期間の連邦税差し押さえ通知を提出しました。

火曜日に提出された通知によると、CCC は給与関連の納税申告書または IRS フォーム 941 の未払い残高が5,863,195.43 ドルあるとのことです。

「内国歳入法のセクション 6321、6322、および 6323 の規定に従い、次の指定納税者に対して税金 (利息および罰金を含む) が課されたことを通知します。この負債の支払いを要求しましたが、未払いのままです。したがって、これらの税金、および発生する可能性のある追加の罰金、利息、費用について、この納税者に属するすべての財産と財産に対する権利に対して米国に有利な先取特権があります」と税務官のエドウィン・カリー氏は通知で述べています。

バラエティ紙はカジノ委員会からコメントを得ることができませんでした。

知事がカジノ委員会に割り当てた年間1ドルの「予算」を除き、CNMI政府からの資金提供はありません。

CCCの主な資金源は、インペリアル・パシフィック・インターナショナルが支払う規制料金ですが、同社は2020年3月にCovid-19パンデミックの発生を受けてカジノを閉鎖して以来、支払いができていません。

パンデミック前、CCCには50人以上の従業員がいました。2023年1月までに、この数は8人に急落し、すぐに解雇されました。

カジノ委員に関しては、過去4年間、職務を遂行したことに対して報酬が支払われていません。

CCCは、IPIは現在、連邦政府に対してライセンス料として6,210万ドル、委員会に対して規制料として1,762万ドルを支払っていないと述べました。

https://www.mvariety.com/news/local/irs-files-5-8m-federal-tax-lien-against-ccc/article_cc05450c-3859-11ef-bc38-074ba3095f75.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です