<サイパン>債権者委員会、IPI の完全清算に反対

インペリアル・パシフィック・インターナショナル (CNMI) の債権者委員会は、IPI の破産法第 11 章を破産法第 7 章 (実質的に資産の完全解散) に転換するという CNMI 政府の要請に反対する動議を提出し、転換は債権者に利益をもたらさないと主張しました。

IPI 債権者委員会の弁護士であるアラム・オルドゥベギアン氏は、IPI の現在の破産法第 11 章を破産法第 7 章に転換することを求める CNMI 政府の動議に反対しました。

破産法第 11 章では申立人が再編と再構築を行えるが、破産法第 7 章では資産の完全清算が求められ、解散につながる可能性があります。

「コモンウェルスの申し立ては、チャプター 7 への転換を求めている。米国管財人事務所は、転換は債権者に利益をもたらさないため適切ではないと認識しているが、債務者が保険を維持できなかったことに対する懸念を述べ、その失敗に対する罰として訴訟の却下を提案している。転換も却下もここでは適切ではない」とオルドゥベジアン氏は述べています。

委員会は代わりに、NMI 破産裁判所にコモンウェルスの申し立てを却下し、債務者が 8 月 14 日の審理日までに売却のマイルストーンを達成しない場合は、代わりにチャプター 11 の管財人を任命するよう要請しています。

16 ページの申し立てによると、オルドゥベジアン氏は、転換は債務者の唯一の資産の投げ売りを事実上確実にし、債権者に何も残らないことになり、却下は債権者に罰を与え、債務者に利益をもたらすと主張しています。

「代わりに、申し立ては却下され、債務者はチャプター 11 に留まり、委員会の厳重な監視を受けるべきである。 2024年6月27日の債務者保有融資の最終審問で予告されたように、債務者は、何度も交渉を重ねた後、書面による確認を条件に、裁判所が監督する包括的なマーケティングプロセスを実施することに同意しました。売却が行われる前に、この財産の債権者は、債務者の資産と事業が、内部関係者に安値で売却されるのではなく、一般の無担保債権者への回収を最大化するために、投資銀行によって徹底的にマーケティングされ、評価されているという保証を得る必要があります」とオルドゥベギアン氏は述べました。

IPIがその約束を守ることを確実にするために、オルドゥベギアン氏は、投資銀行の選定と維持、入札手順の確立、入札の検討と選定、売却の締結など、マーケティングと売却プロセス全体のすべての段階で委員会が協議と承認の権利を持つと述べました。

「債務者と委員会は、不良ホテルやカジノ資産の売却で実績があり、地域や海外のホテル投資家や開発業者にアプローチする手段を持つ投資銀行家との面談プロセスを開始した。それ以来、債務者と委員会はさまざまな提案について協議し、補償条件を比較し、マーケティング計画を検討してきた。動議に関する公聴会の前に、債務者は委員会の承認を得て、強力なマーケティングプロセスを実行するために必要な経験と資格を持つ投資銀行家を雇うよう努める」と同氏は述べました。

オルドゥベジアン氏は、委員会の代表者はIPIの弁護士から、カジノ投資家が提案されたマーケティングおよび販売プロセスに賛同していると信じ込まされているが、このプロセスに関してIPIから書面による約束はこれまでなかったと指摘します。

「IPIの実績を考慮すると、委員会は、近い将来に撤退が完了しない場合に資産が減少することに関する連邦政府の懸念を理解し、認めている。したがって、委員会は、この裁判を出口に進めるための転換/却下のより現実的な代替案を提案している。債務者がこの動議に関する8月14日の審理までに売却のマイルストーンを達成しない限り、委員会は審理で破産法第1104条(a)に基づいて第11章管財人を任命するよう要請する。債務者が売却マイルストーンで規定されているように売却に向けて十分に前進しない場合、独立した受託者が委員会と協力して債務者の資産の売却を完了する準備ができている」とオルドゥベジアン氏は述べました。

全体として、委員会によって確立された保護措置と、売却を完了するための債務者保有(DIP)ファイナンスの利用可能性を考慮すると、この事件の事実と状況は転換または却下を正当化するものではないとオルドゥベジアン氏は述べています。

「実際、転換は、DIP 信用枠の重要な交渉と承認、売却プロセスの進捗など、これまでの委員会の進捗を無効にし、管理費を増加させることになります。その結果、委員会の監督なしに第 7 章管財人によって行われる投げ売りになります。第 7 章への転換が必要になった場合、その決定を下すのは第 11 章管財人である必要があります。同様に、解任は債権者にとって破滅的であり、財産の価値を最大化し債権者の利益を保護するという第 11 章の目的に反します。なぜなら、各債権者が破産裁判所の外で債務者を追い詰めることになるからです」と彼は述べました。

サイパン トリビューンのアーカイブによると、先月、北マリアナ諸島政府は、検事総長事務所の主任弁護士ロバート グラス ジュニア氏を通じて、IPI の第 11 章破産を第 7 章破産に転換する動議を提出しました。

グラス氏は、入手可能な公開情報に基づくと、IPI には破産法第 11 章に基づいて手続きを成功させるだけの資金力がないと主張しています。

「債務者は再編する事業がなく、再生の十分な見込みがあることを証明できず、保険を維持できていない。同時​​に、債務者は破産財団に 700 万ドルの申立て後融資を課そうとしており (そのうち 40 万ドルは当裁判所の暫定命令で認められ、残りの金額は 6 月 21 日の初日動議審理の最終命令で決定される)、この件で債権者団体は明らかに不利な立場に置かれている。債務者に第 11 章の再編に関連する費用を不必要に負担させ続けることは、債務者の債権者にも財団にも利益にならない。したがって、破産法第1112条(b)に基づき、裁判所が[IPIの訴訟]を破産法第7章に基づく訴訟に転換する「理由」がある」と彼は述べました。

https://www.saipantribune.com/news/local/committee-of-creditors-oppose-complete-liquidation-of-ipi/article_e64bd2bc-39e1-11ef-8336-d3ca175ca964.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です