<サイパン>香港航空、機体を小型化へ

現在、中国・サイパン路線を運航する北マリアナ諸島唯一の航空会社である香港航空は、コモンウェルス港湾局によると、現在使用している機体を小型化する見込みです。

コモンウェルス局のレオ・トゥデラ事務局長は、香港航空は最大292人の乗客を乗せられるA330機体から、チェジュ航空が現在使用している1便あたり189人の座席定員のB737機体に小型化する見込みだと述べました。

「香港航空は、(大型の)エアバスから、チェジュ航空の機体とほぼ同じサイズの小型機体に切り替える予定です」とトゥデラ氏は言います。

サイパン・トリビューンは、CPAが現在、現在の航空会社パートナーの料金引き下げに取り組んでいることから、航空機の縮小は空港使用料の引き下げのためかもしれないことを知りました。

現在、香港航空は香港からサイパンへの週2便の運航を約束しています。

しかし、5月にトゥデラ氏は香港航空のフランシスコ・C・アダ/サイパン国際空港への追加便の着陸許可の要請を承認しました。

追加便は暫定的に2024年7月17日から8月21日までの水曜日に到着する予定です。

香港航空への承認通知の中で、トゥデラ氏は、追加便は2024年7月からCPAの月間フライトスケジュールに含まれると述べました。

昨年4月、北マリアナ諸島は香港航空が5年間の休止期間を経て復活するという記念すべき瞬間を目撃しました。

香港航空は初便で香港から292人の乗客を運びました。

初便で最も重要だったのは、香港航空の会長である孫建鋒氏自ら機長を務めたことです。

空港に着陸した後の記者会見で、建鋒氏は、初便の成功(満席)と需要により、香港からサイパンへの追加便の追加についてすでに協議が始まっていると語りました。

サイパン・トリビューンは、来年に向けて旅行代理店が1便あたり200席以上をすでに確保していることを知りました。

https://www.saipantribune.com/news/local/hong-kong-airlines-to-downsize-planes/article_7972bad0-3c3d-11ef-b099-1fc7487593b1.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です