<サイパン>IPI、債権者委員会は年末までにIPIホテルの売却を目指す

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(CNMI)LLCとその債権者委員会は、未完成のIPIホテルを今年末までに売却することを目標としているとNMI破産裁判所に通知しました。

先週金曜日、IPIの弁護士は、IPIの破産法第11章を破産法第7章に転換する(実質的にIPIの全資産の清算を命じる)というCNMIの申し立てに反対する申し立てを提出しました。

申し立てでは、「IPIは、北マリアナ諸島連邦による破産法第7章への転換申し立てに反対する」と述べられています。

IPI の弁護士は 34 ページの反対申し立てで、IPI とその債権者委員会が、年末までにホテルを売却することを目標に、未完成のホテル カジノの売却手続きを開始したことを裁判所に通知しました。

「この訴訟はわずか 2 か月半前に提起されましたが、[IPI] と [同] 委員会は、債権者の利益のためにホテルを収益化する最も効率的な手段として、「363 売却手続き」を開始することに合意しました。債務者と委員会は、1 人の投資銀行家/不動産仲介業者と面談しました。債務者と委員会は、年末までにホテルを売却し、債権者に優先順位に従って支払うための清算計画を提出することを目標に、「ストーキング・ホース」入札 (入札額が高すぎる可能性がある) を承認する申し立てを提出する予定です」と IPI は述べています。

IPI の弁護士は、第 7 章による財産清算は債権者の最大の利益に反すると主張しています。

IPI の弁護士は、まず、清算は常にコストがかかり、時間がかかる傾向があると述べています。次に、第 7 章の管財人は、資産を適切に維持および確保するための資金にアクセスできないことがよくあります。第 3 に、建物の状態が悪く、担保を支払う資金が不足していることを考えると、第 7 章の管財人は資産を放棄するだけです。

「したがって、この第 11 章のケースを第 7 章のケースに変更することは、債権者と財産にとって最善の利益ではありません。それどころか、債務者が、税金の差し押さえや UCC 融資明細書などの差し押さえのない資産の売却を迅速に進めることを許可することが、債権者にとって最善の利益です。弁護士を雇わず (出廷していない) 無担保債権者は、公平な分配を受けるべきです」と動議は述べています。

IPI は、第 363 条の資産売却は再編の実行可能な代替手段であると指摘しています。

「実際、チャプター 11 のケースのほとんどは、セクション 363 の「売却」ケースか、清算計画を伴うものです。破産法では、計画では財産の清算が必要になる可能性があることが想定されています。債務者は、申し立ての日から大きな進歩を遂げています。債務者は委員会に参加し、ホテルを完成資金を提供できる買い手に売却しようとしています。現時点でこのケースを却下または変更することは、債権者や財産にとって最善の利益ではありません。上記の理由により、債務者は、転換動議および米国管財人の参加が却下されるよう丁重に要請します」と IPI は述べています。

以前、コモンウェルス政府は、継続的な損失、再生の可能性のなさ、保険の欠如により、チャプター 11 からチャプター7 にケースを転換する理由があるとして、転換動議を提出しました。米国管財人事務所も動議に加わり、ケースの却下を求めています。

先週、IPI債権者委員会は、IPIの資産の清算はIPI債権者にとって最善の利益ではないとするコモンウェルスおよび米国管財人の動議に反対する独自の動議を提出しました。

https://www.saipantribune.com/news/local/ipi-committee-of-creditors-aim-to-sell-ipi-hotel-by-years-end/article_e1f798da-3c44-11ef-afcc-53983a1e84a1.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です