<グアム>公監査官:OPA は検事総長事務所に応答している

公監査官ベンジャミン・クルズ氏は月曜日、自分の事務所は常に検事総長事務所に応答しており、あらゆる調査に全面的に協力していると述べました。

クルズ氏は、グアム教育省の疑わしいノートパソコン購入に関する検事総長事務所の調査に関連して、「公監査官とそのスタッフは最近、記録と情報の要求に全面的に協力していない」というダグラス・モイラン検事総長の声明に反応しました。

モイラン氏は、「最近の問題の原因が政治的干渉ではないことを望んでいる」と述べました。

クルズ氏は検事総長のコメントに異議を唱えています。

「彼の発言に私は落胆しており、これは私たちが長年かけて築き上げ、維持してきた評判である公衆説明責任局の誠実さに対する中傷であると思う」とクルズ氏は述べました。

元最高裁判所長官で元議長のクルズ氏は、モイラン氏が検事総長を務めた2年間、OPAは捜査官や弁護士がOPAに出したあらゆる要請に誠実に対応してきたと述べました。

「私は、そのことを示す私のスタッフ全員と検事総長室との間の詳細な電子メールを提供する用意がある。検事総長またはそのスタッフに、私たちが捜査に全面的に協力していないところを私に示してもらいたい」とクルズ氏は述べました。

OPAは2024年3月に、GDOEの不適切なラップトップ購入に関する報告書を発表しましたが、そのほとんどは単独ベンダーとの契約がなく、法律で義務付けられている50万ドルを超える購入については検事総長室と協力もしていませんでした。

3月、OPAは監査結果を検事総長事務所に報告し、対応を求めました。

先週発表された別の報告書で、OPAは、ラップトップベンダーを含む、連邦パンデミック基金を使用して最も多く支払われたGDOEのベンダーの名前をリストアップしました。

モイラン氏は、OPAの監査で明らかになったこれらの疑わしい購入について検事総長事務所が調査中であると述べました。

公認監査人は、「検事総長と違って、確認もせずに政治的干渉や事務所間のコミュニケーション不足があると口走るのは私らしくない」と述べました。

「2024年3月に当事務所が実施し発表したラップトップ在庫監査に関連する調査で、彼の事務所が行った要請に『全面的に協力していない』かどうか、スタッフに確認した」とクルズ氏は検事総長のコメントに関するPDNの質問に回答しました。

クルズ氏は、2024年3月11日に検事総長の調査官の1人が電子メールでノートパソコンの在庫監査について問い合わせたと述べました。

公認監査官は、同日、監査監督官が「ノートパソコンの在庫監査に検事総長事務所が)どのような具体的な情報を必要とするのか、もしあればお伝えします」と説明を求めたと述べました。

「翌日、調査官は電話して要求の詳細を伝えると言った。検事総長事務所からはそのような電話やフォローアップはなかった」と公認監査官は述べました。

https://www.guampdn.com/news/public-auditor-opa-has-been-responsive-to-ags-office/article_d2c700b4-3d1e-11ef-a12d-572769478f21.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です