<グアム>酒に酔っていたとされる男が、絞殺と暴行未遂の容疑で告発される

グアム高等裁判所に提出された治安判事の告訴状によると、酒に酔っていたとされる男が、マンギラオのアパートで男性を暴行し、絞殺しようとした容疑で告発されました。

金曜日の午前12時9分頃、グアム警察はマンギラオのアパートで身体的な騒動があったという通報を受けました。警官が到着すると、29歳のジェイ・オトコ容疑者が芝生のエリアに他の人々に囲まれて座っているのを目撃しました。オトコ容疑者の上半身と顔には擦り傷がありました。

裁判所の文書によると、警官は女性と面会し、その女性は夕方早くに飲酒していたオトコ容疑者と一緒に車に乗っていたと話しました。女性によると、オトコ容疑者は「口汚く攻撃的」になったと言います。オトコ容疑者と女性がバリガダのシェルガソリンスタンドに入ったときに口論がエスカレートし、女性はガソリンスタンドから立ち去りました。

その後、女性はマンギラオのアパートに戻りました。15分後、オトコ容疑者は「怒った状態で歩いて到着した」と彼女は述べました。

「被告はまだかなり酔っているようで、駐車場で大声で叫び始め、全員に喧嘩を挑んだ」と起訴状は述べています。

被害者2と特定された女性の息子はその後、オトコ容疑者に近づき、落ち着くように頼んだが、オトコ容疑者は叫び続けました。

「しばらくして、被告と被害者2は…駐車場で、被害者2が被告から家族を守っていたときに、物理的な口論になった。被告は被害者2のジャケットをつかみ、しばらく被害者2の喉のあたりに手を当て、被害者2は呼吸困難に陥った」と訴状には記されています。

女性の息子がオトコ容疑者から逃れた後、20歳の女性がオトコ容疑者に怒鳴り始めました。オトコ容疑者はそれに応えて彼女を殴ろうとしましたが、最初の女性の息子に阻止されたと言います。女性の息子がオトコ容疑者に放っておいてくれと言った後、オトコ容疑者はさらに怒りました。

裁判所の文書によると、「被告はさらに怒り、被害者2の顔のあたりを何度も殴り始めた。被害者2は身を守り、最終的にはそれ以上の危害を加えないように被告を地面に押し倒した」とのことです。

口論の後、女性の息子は警察が到着するまで芝生のエリアに座るようにオトコ容疑者に言いました。

被害者の負傷を検査した際、警官は女性の息子の背中、胸、首、顔のあたりが著しく赤くなっていたことに気づきました。

オトコ容疑者は、医療処置が必要かと尋ねられたとき、「はい」と答えました。オトコ容疑者はグアム記念病院に搬送されました。

オトコ容疑者は、第3級重罪である絞殺未遂、家族内暴力、家族内暴力未遂、暴行、児童虐待未遂の軽罪、嫌がらせと公然酩酊の軽罪で起訴されました。

https://www.postguam.com/news/local/man-allegedly-drunk-is-accused-of-strangulation-assault-attempt/article_dc451312-3cd1-11ef-aeba-c32c8b510dc8.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です