<グアム>ソーシャルワーカーが検事総長に「非人間的」な看板の撤去を要求

全米ソーシャルワーカー協会のグアム支部は、検事総長ダグラス・モイラン氏に対し、「非人間的、汚名を着せ、人種差別を永続させる」と同協会が考える公共看板の撤去を求めており、少なくとも1人の議員、トーマス・フィッシャー上院議員がこの要求に加わっています。

同支部は以前に声明を出したが、後にメディアに対し、声明が当初の発表予定日よりも前に意図せず送られてしまったとして、発表を保留するよう要請しました。

検事総長事務所が5月30日に主要道路沿いに設置した看板には、モイランがグアムから永久に追放しようとしている約40人の「国外追放対象の犯罪外国人」の写真が掲載されています。

この看板は、モイラン氏が「デポート・エア・プロジェクト」と名付けたプロジェクトの一部です。

グアムのNASW会長ジャメラ・サントス氏は水曜日、この看板は「最終的に私たちのコミュニティを二分する」と述べました。

ソーシャルワーカーグループは、モイラン氏の公共看板に反対する啓蒙活動と手紙を書くキャンペーンを開始しました。

「多くの人が個別に司法長官事務所に電話をかけ、懸念を表明していたと思います」とサントス氏は述べています。「人々は立場を表明する組織を必要としていました」

「無神経」

これに対し、モイラン氏はNASWの立場を「無神経だが、私たちの生活の質を向上させることには何の役にも立たない」と呼びました。

「この書簡の態度は、勤勉な米国納税者から給付される福祉給付金に頼る外国人を排除するという問題を解決することなく、より多くのソーシャルワーカーを雇用する制度を助長し、私たち全員にさらなる費用がかかることになる」と検事総長は記しました。

モイラン氏はまた、NASW のグアム支部は「私たちや私たちの愛する人を強姦、強盗、脅迫、殺害する犯罪外国人から罪のない人々を守るために命を懸けているグアムの法執行機関全員を批判している。彼らは実際に、犯罪外国人をグアムから永久に排除するために、私たちの強制送還プログラムでそうしたことをしている」と述べました。

サントス氏は、NASW は公共の安全を重視しており、コミュニティのメンバーには安全で保護される権利があると言いました。

「私たちは単一の解決策はないことを認識していますが、ソーシャルワーカーのやり方は、彼らを恥じ入らせたり、大きな看板に載せたりすることではありません」とサントス氏は付け加えました。

検事総長は、外国人犯罪者による数十年来の問題は、連邦およびグアムの地方法執行機関によって十分に記録されていると述べました。

「彼らは私たちの限られた資源を利用しています」とモイラン氏は言います。「彼らが私たちを傷つけたら、荷物をまとめて立ち去らなければなりません」

「生々しい」

NASW は、以前の看板の生々しい性質、特に女性が銃を持ち、地面に倒れている人を指差している看板についても批判しました。

サントス氏は、両親が、看板の前を車で通ると「幼い子供たちが質問してくる」と懸念を表明したと述べました。

「幼い子供たちに、こうしたことをどう説明するのか」とサントス氏は言います。

ソーシャルワーカーのサラ・タイタノ氏も、看板に関して 7 月 9 日に検事総長に手紙を書きました。

「看板広告で犯罪を抑止するあなたのアプローチは、政府管理の資金の非効率的な使用法であるだけでなく…どの助成金がこれらの支出を正当化するのか、一般基金のどの部分を割り当てるべきか理解できません」とタイタノ氏は書いています。

「恥」を利用する

フィッシャー氏は水曜日、NASW グアム支部に加わり、上院議員が「人々を貶め、疎外する」看板と表現した看板の撤去を求めました。

「『犯罪抑止』を目的とした看板は残念ながら緊張を悪化させ、諦めを生み、恥と屈辱を利用し、私たちのコミュニティにネガティブなサイクルを永続させています」とフィッシャー氏は声明で述べています。「看板は、描かれた人々の更生の努力を妨げ、家族、友人、そしてより広いコミュニティに悪影響を及ぼしています」

フィッシャー氏は声明の中で、看板はチャモロ文化の核となる原則、特に「調和と相互支援の回復を主張するイナファ・マオレック」とはまったく対照的であると付け加えました。

上院議員の声明は、犯罪、依存症、家庭内暴力などの根深い社会問題の根本原因に取り組むことの重要性を強調し、「癒しにつながる環境を育むために、説明責任と思いやりを融合させた解決策」の必要性を強調しています。

https://www.guampdn.com/news/social-workers-call-on-ag-to-remove-dehumanizing-billboards/article_a88ca502-3e53-11ef-a929-131acb483bfc.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です