<グアム>モイラン議員は、野生生物保護の資金援助のため、グアムのココ鳥の切手を求めている

グアムのココ鳥が切手に?

これが、ジェームズ・モイラン議員が新たに提出した法案 H.R. 8899、つまりココ鳥切手法案で提案している内容で、次の 2 つの目的を達成するためのものです:

  1. 米国郵政公社にココ鳥の半切手のデザイン、発行、販売を認める。
  2. これらの切手の売上の一定割合を集め、野生生物保護、在来鳥のリハビリテーションと繁殖活動のプログラム、およびブラウンツリースネークの駆除のためにグアム農務省水生野生生物資源部に送金する口座を設立する。

この法案は、それぞれの管轄区域内で野生生物保護プロジェクトに追加資金を求める他の管轄区域の取り組みを反映するものです。

財務予測によると、DAWR はこの取り組みから年間 25 万ドルから 50 万ドルを受け取ると推定されており、これは部門の目標の一部に取り組むのに役立つでしょう。

「この斬新なアイデアの法案を提出できることを嬉しく思います。この法案は、グアムの地元の野生生物保護の優先事項に対処するための資金獲得に役立ちます」とモイラン氏は声明で述べました。

モイラン氏は最近、ユナイテッド航空が鳥の帰還プログラムを中止したことを同氏のオフィスが知ったと述べました。このプログラムは、グアムの在来鳥であるココやシヘクの存在に悪影響を与える傾向があります。

「この措置を通じて年間予算に加えて追加資金を確保することで、DAWR が地元の繁殖活動を補い、ブラウンツリースネークのさらなる根絶に向けたリソースを増やすのに役立つことは間違いありません」とモイラン氏は述べました。

同氏のオフィスは、この措置をさらに推進するための手段としてさまざまな立法手段を検討していると同代表は言っています。

法案はまた、ココ鳥類切手法を通じて DAWR が受け取る資金は、同部門が助成金やその他の連邦プログラムから定期的に受け取るその他の連邦資金には影響しないことを指摘しています。

また、この切手が制定されれば、少なくとも4年間は一般公開されることになります。

https://www.guampdn.com/news/moylan-seeks-guam-koko-bird-postage-stamp-to-help-fund-wildlife-conservation/article_8f11f880-3da3-11ef-aa96-6f49f074f8fe.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です