<グアム>代替公選弁護人、殺人容疑者アンカンコ被告の窃盗容疑の全面棄却を求める

代替公選弁護人ピーター・J・サントス氏は、タロフォフォ殺人容疑者デビッド・キチョチョ・アンカンコ・ジュニア被告の代理として、水曜日、依頼人の宝石窃盗容疑事件の全面棄却を求める申し立てを提出しました。

アンカンコ被告は4月、3月22日に質屋から3,340ドル相当の金貨を、4月5日にヴィンス・ジュエラーズから24,290ドル相当の品物を盗んだとして、小売窃盗2件(第2級重罪)と附則II規制薬物所持(第3級重罪)で起訴されました。

アンカンコ被告は、迅速な裁判を受ける権利を主張しました。

裁判の陪審員選任が予定されていた日に、グロリア・ルハン代理主任検察官は、さらなる調査が必要であるとして、事件の棄却申し立てを提出しました。

彼女の却下申し立ては不利益を伴わないものであり、将来同じ告訴が再び提起される可能性があることを意味します。

その後、ウンカンコ被告は釈放されました。

それから1か月も経たないうちに、ウンカンコ被告は、7月6日にタロフォフォの道路の真ん中で遺体が発見されたジョシュア・タイタグ氏の殺人事件の第一容疑者となりました。

ダグラス・モイラン氏はルハン判事の判決を擁護しました。

モイラン氏はニュースリリースで、有罪判決に重要な2人の証人が裁判当時島外にいたと述べました。

同氏は、1人はヴィンス・ジュエラーズの犯罪被害者で、もう1人はアンカンコ被告の車を追跡し捜索したグアム警察のクリストファー・チャンピオン巡査部長であると述べました。

しかしサントス氏は申し立ての中で、チャンピオン氏が6月中ずっとグアムにいたことを確認しました。サントス氏は、モイラン氏がニュースリリースで言及した2人の重要証人の新しい情報は裁判所に開示され、裁判所が判断すべきであり、裁判所はチャンピオン氏が5月下旬にグアムに戻ったことを発見したはずだと述べました。

サントス氏は、検察の却下申し立ては依頼人の権利を回避する方法であり、したがって裁判所に訴訟を却下し、将来的に依頼人に同じ容疑を免れるようにするよう求めたと言います。

これに対し、モイラン氏は「この弁護士は、検察が申し立てを行った時点で異議を申し立てなかった。彼は、この人物に対する訴訟の再提出を阻止しようとする必死の試みを放棄した」と述べました。

https://www.guampdn.com/news/alternate-public-defender-seeks-complete-dismissal-of-murder-suspect-uncangcos-theft-charges/article_a5b4a9e2-3e62-11ef-8365-1ffebe2b069c.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です