<グアム>審議:イパオ・ポイントの神殿の緩衝地帯拡大について議論

チャモル族の先祖の遺骨が埋葬される予定のイパオ・ポイントのナフタン・マニャイナタ神殿の建設に 500 万ドルを提供する法案に関する議論は、プロジェクトの提案規模に関する長い議論にまで波及し、一部の議員は神社の緩衝地帯が広大であることと、その総面積が将来この地域に病院を建設する際に与える潜在的な影響について懸念を表明しました。

公法 33-204 は、この神殿のために最大 5 エーカーを確保していますが、ただし 2 エーカー以上となっています。これには、測地三角測量記念碑と適切な緩衝地帯が含まれます。法律によると、神殿は近くのサガン・コットゥラン・チャモルの土地に隣接している必要があります。

しかし、イパオ・ポイントは、新しい公立病院または医療複合施設を設置することを提案している場所でもあります。法案 185-37 は、そのような施設のためにその場所を使用することを義務付けていましたが、知事によって拒否され、グアム議会では拒否権を覆すのに十分な支持が得られませんでした。とはいえ、知事が医療施設の建設場所として選んだバリガダとマンギラオのエダ・アガガ地区にあるグアム先祖伝来地委員会の土地の売却またはリースを促進するための競合する措置は、議会を通過するのに十分な支持を得られませんでした。

神殿の土地の面積に関する議論は月曜日に始まり、火曜日の朝まで続きました。

ドウェイン・サン・ニコラス上院議員は火曜日、ナフタン・マニャイナタ神殿プロジェクトの総面積が 5 エーカーから 14 エーカーに増えた理由を尋ねました。これには 9 エーカーの緩衝地帯も含まれます。

土地管理局長ジョセフ・ボーハ氏によると、神殿の設計者は2020年10月に概念図を完成させたが、その後、5エーカーすべてが神社施設に使用されているため緩衝地帯を含めることはできないと示唆したとしています。

「その時点で、(グアム州歴史保存担当官と)建築会社の代表者が土地管理局を訪れ、『これについて協力してもらえますか?』と尋ねました。私は(神殿)法案の起草に関わっていたので、委員会の報告書や公聴会での発言には多少精通していました。そして、その中では、建築家と測量士に土地面積を調整する何らかの裁量を与えることも意図されていました」とボーハ氏は火曜日に述べました。

「測量士と私、つまりグアムの主任測量士が座って、『法律の範囲内でこれを行うことはできますか』と尋ねました。すると彼は『はい』と言い、私も『はい』と答え、実際に彼にそれをするように指示しました。技術的なことをごまかすためではなく、調査を行うことができるかどうかです」とボーハ氏は付け加えました。

彼は後に、主任測量士に土地の測量を命じたことで「土地の強奪」の責任を負っていたことを認めました。

しかし、同局長はまた、これがイパオ岬に新しい公立病院を設置する可能性について議論される前の2020年に起こったことにも言及しました。

しかし、テレーズ・テラヘ議長は、月曜日に議員らにボーハ氏の署名入りの2024年の地図が示されたと述べました。

「地図の作成には時間がかかります。測量士に聞いてみてください」とボーハ氏は答えました。

法案 185 の主な提案者であるクリス・バーネット上院議員は、議員が「ここで起こっていることに目をつぶる」のは「賢明ではない」とコメントしました。

「以前の議会は先祖に関する法律を可決し、この法律がナフタンの神殿に何を許可するかを白黒はっきりさせた。… 何を心に留めるか、その地図がどの程度最終的なものかは別だが、この神殿にさらに土地を追加しようとする動きが法律の枠外で行われてきたことは明らかだ」とバーネット氏は述べています。

「そして私にとっては、これは残念ながら、(イパオ)ポイントに病院を建設する取り組みを台無しにするために政権が出した数々の言い訳の最新のものだ」とバーネット氏は述べました。

テロ・タイタグ上院議員は、適切な緩衝地帯を含めるという公法 33-204 の文言を削除する修正案を提案しました。しかし、議論は、検討中の実際の法案が歳出措置であったため、この修正案が適切かどうかに移りました。

タイタグ議員の修正案について、テラヘ氏は、DLM のディレクターは、法律の緩衝地帯の文言を、法律で定められた 5 エーカーの上限に「好きなだけ緩衝地帯を追加できる」と解釈したと述べました。

「それで、彼は 9 エーカーの緩衝地帯を追加し、そのうちの一部は崖の上にあると言っています。確かに、そのうちの一部は崖の上にあるのですが、50% や 40% ではありません。… それは誇張しすぎです。… ですから、もちろん、なぜ彼らがそんなことをするのか、なぜそのようなことでこのプロジェクトを危険にさらすのか、と推測しています」とテラヘ氏は述べ、タイタグ氏の修正案は神社プロジェクトに悪影響を与えることはないが、法律の「再解釈」の可能性をなくすだろうと付け加えました。

しかし、修正案は最終的に否決されました。

テラヘ氏はその後、神社のために切り離された土地は 5 エーカーを超えてはならないことを 500 万ドルの予算の条件として明記した独自の修正案を提案しました。テラへ氏の修正案では、予算の承認に SHPO の承認も必要となります。この修正案は異議なく可決されました。

https://www.postguam.com/news/local/session-growing-buffer-zone-for-ypao-point-shrine-debated/article_438b79ae-3d94-11ef-8db4-73131139eb0c.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です