<グアム>議会に関税委員会の設置を要請

コモンウェルス港湾局のスティーブ・メスンゴン理事が火曜日、CPA会議室での特別会議で発言。

撮影:エマニュエル・T・エレディアノ

コモンウェルス港湾局のスティーブ・メスンゴン理事は火曜日、港湾サービスの料金を承認し、監督する関税委員会を設置するよう議会に要請しました。

グレゴリー・セナック検事補が秘密にしようとしていた法的意見は、理事会がロタ・ターミナル&トランスファーとのリース契約を解除する決定を下す前の火曜日の理事会特別会議で、一般の面前でうっかり議論されました。

理事会のラモン・A・テブテブ理事は当初、非公開でセナック氏の意見を議論できるよう、会議の議題に執行委員会を復活させるよう求めていました。

会議の非公開審議部分は再開されましたが、テブテブ氏、取締役のトーマス・P・ビラゴメス氏、理事会議長のホセ・アズズ氏の間で白熱したやり取りが起こり、ロタ島の物資の「高騰」に対処するための関税率に関する法律顧問の意見が議論されました。

テブテブ氏とビラゴメス氏は理事会がリースの終了理由にRT&Tの「法外な」料金を含めることを望みませんでした。なぜなら、セナック氏の法的助言を引用すると、理事会がRT&Tのリースをその荷役サービスの料金に基づいて終了する場合、CPAはそれを証明するために専門家を雇う必要があるかもしれないからです。そして、これはCPAにとってより大きなコストとリスクを伴います。

彼らはまた、CPAのリース契約では、荷役会社が料金を引き上げたい場合、RT&Tが理事会の承認を求める必要はないという検事総長補佐の意見を引用しました。

その後、理事会は、RT&T が CPA に事業許可を与えなかったことを理由にリース契約を解除しました。

採決前の議論で、メスンゴン氏は、ロタ・マーチャンダイジング・コーポレーションのオーナーであるペドロ Q. デラ・クルス氏がロタ島の商品価格の高さについて懸念していることを述べました。「ポール A. マングローニャ上院議員が来ているので、私たちのリーダーたちに、私たちの法律顧問が推奨する関税率を検討するよう勧めます」

彼は、RT&T が料金を上げるのを阻止するものは何もないというセナック氏の法的見解に同調しました。したがって、ロタ島の人々が「今後この問題に悩まされることがなくなる」ように、関税委員会を設置する法律を可決するのは議会の責任であり、「私はそれを強く推奨します」と同氏は言います。

「私たちには関税に関して RT&T と争う権限はありません。今は、関税委員会を設置するのは議会の手に委ねられており、そこから私たちは進んでいきます」とメスンゴン氏は付け加えました。

https://www.mvariety.com/news/local/legislature-urged-to-create-tariff-commission/article_676feb6a-3e99-11ef-851a-f7a16d290de4.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です