<サイパン>パラシオス知事、カボタージュ免除を支持

「マリアナ諸島地域の航空接続を改善するあらゆる取り組みを支持します」

これは、マリアナ諸島のカボタージュ免除の取得に向けた取り組みを支持するかどうか尋ねられたときのアーノルド・I・パラシオス知事の言葉です。

先月、マリアナ諸島の航空運賃を下げる試みとして、ジェームズ・モイラン議員(共和党グアム)とグレゴリオ・「キリリ」・C・サブラン議員(民主党サイパン)が、H.R. 8786の導入を主導しました。これは、グアムから米国の別の港に飛行しようとする外国航空会社に特別なカボタージュ免除を提供する法案です。

これにより、特定のルートで競争が可能になり、その結果、より競争力のある価格設定につながり、最終的には消費者に利益をもたらすことになります。

​​一方、エディス・デレオン・ゲレロ上院議長(民主党サイパン)とエドマンド・S・ビラゴメス下院議長(無所属サイパン)も、マリアナ諸島議会協会に書簡を送り、地域内航船輸送免除を推進する決議の採択を促しました。

パラシオス氏とのインタビューで、同氏は地域内航船輸送免除の意図を支持すると述べました。

「はい、もちろん、連邦、グアム、および地域への航空接続を改善するものなら何でも支持します。しかし、モイラン議員とキリリ議員が言ったように、非常に現実的でなければなりません。これは大変な作業であり、長期にわたる計画になるでしょう」と同氏は述べました。

しかしパラシオス氏は、当面はマリアナ諸島とユナイテッド航空の間で、北マリアナ諸島とグアム間の旅行費用を下げるための対話を続けるべきだと言いました。

「短期的には、ユナイテッド航空との対話を続け、彼らが助けになるかどうかを見極める必要があります。私はユナイテッド航空に、このサイトを誰でも利用できるようにしてほしいと頼みました。そこが難しいところです。[このサイトを]利用するには技術に精通している必要があります。しかし、オンラインで支払うかカウンターで支払うかに関係なく、誰もが利用できるようにする必要があります」とパラシオス氏は言います。

現在の連邦法では、外国の航空会社は米国の港から別の港へ乗客や貨物を輸送することはできません。

現在、ユナイテッド航空はグアムと北マリアナ諸島、グアムとハワイを結ぶ路線を運航している唯一の国内航空会社です。

H.R 8786 が法律になれば、外国航空会社がグアムと北マリアナ諸島、グアムとハワイを結ぶサービスを提供したり、グアムと隣接する州のいずれかを結ぶ路線を検討したりすることもできます。

「これは積み重なってきた問題であり、ユナイテッド航空のグアム発着のペット・ポリシー、在来鳥の帰還プログラムの終了、グアムとサイパン間の航空運賃 500 ドルなど、最近提起されたすべての懸念を考慮すると、何らかの対策を講じる必要があります」とモイラン氏は述べました。

「これは大規模な取り組みになりますが、準備はできています。労働組合が国内船舶業界を保護するのと同じように、私たちは多くの団体、特に現職航空会社からの厳しい挑戦に直面することになります。これは短距離走ではなくマラソンとなる問題でもあります。言い換えれば、ある程度の勢いをつける必要があり、時間がかかります。 私たちは、H.R. 8786 がマリアナ諸島にとってなぜそれほど重要なのかを啓発するキャンペーンを展開してきましたし、今後も展開していきます」とモイラン氏は付け加えました。

国内旅行の平均費用の調査に基づくと、グアム国際空港から国内のどの空港へでも出発するのが最も費用のかかるルートだと考えられています。

下院軍事委員会の一部であり、故郷を離れて暮らす軍人らの生活の質を向上させる方法を模索する生活の質に関するパネル討論会では、グアム在住者にとって最大の懸念は航空運賃の費用です。

「軍人らは、島民と同様に、本土での結婚式、葬儀、卒業式に出席しようとすると困難に直面します。帰国を希望する元居住者も同様です。競争が唯一のコスト削減方法であり、それがこの法案の目的です」とモイラン氏は述べました。

「また、この措置はユナイテッド航空グアムの経営陣、スタッフ、乗務員の努力の証ではないことを強調したいと思います。彼らは飛行中も地上でも模範的なサービスを提供しながら、コミュニティのパートナーとして期待以上の働きを続けており、私は彼らの努力に感謝しています。この問題はシカゴの企業レベルで下された決定に関するものです」とモイラン氏は付け加えました。

MILAへの要請の中で、CNMI議会は、米国議会がCNMIに不可欠な航空サービスを認可しない場合は、米国がカボタージュ法の地域免除または行政免除を認可する法律を制定し、外国航空会社がCNMIとグアム間を飛行できるようにすることが急務であると述べました。

https://www.saipantribune.com/news/local/palacios-supports-cabotage-exemption-waiver/article_f335786c-3e9a-11ef-bf34-4bec8cab632a.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です