<サイパン>予算の制約により

NMI 司法は閉鎖の可能性に直面

CNMI 最高裁判所のアレクサンドロ・カストロ首席判事 (中央) は先週月曜日、キャピタル・ヒルの下院議場で下院歳入常任委員会に演説した。

キンバリー B. エスモアズ

NMI 司法部は下院歳入常任委員会に対し、予算の制約により、CNMI の裁判所が来年度も開かれるかどうかは不確実であると伝えました。

先週の月曜日、NMI 司法部は下院歳入常任委員会の予算審議会に出席しました。

司法部の予算要求によると、業務継続には 1,480 万ドルが必要だとしています。しかし、知事室の修正予算案によると、2025 年度には 530 万ドルの予算が提案されています。

アレクサンドロ・C・カストロ最高裁長官は下院委員会に対し、900万ドル以上の削減により、北マリアナ諸島の裁判所の扉が開いたままになるかどうかは不確実であると伝えました。

「今日は我々の国民にとって非常に重要な日です。知事の提出と司法府の提出を見れば、まさに天と地ほどの違いがあります。100万ドルの価値がある質問は『サイパン、テニアン、ロタの裁判所の扉を開けたままにすべきか、それとも閉鎖すべきか』です。その答えは皆さんの手の中にあります。国民を代表して、謹んでお願いしたいのですが、北マリアナ諸島の司法の扉は開いたままにしましょう」と彼は述べました。

カストロ氏は、北マリアナ諸島の司法府は裁判所のニーズを反映した予算を提出するという憲法上の義務を果たしており、知事室は利用可能な資金を比例配分するという憲法上の義務を果たしているだけだと述べました。

「我々の憲法は、サイパン、テニアン、ロタの裁判所のニーズを正確に反映した予算を提出するよう私に義務付けています。これを実現するために、我々は司法府のすべての部門に2025会計年度のニーズを提出するよう求めました。司法府の社内委員会がこれらの提出書類を検討し、その後、ロベルト・ナラハ裁判長と私は今、皆様の前に予算を提出しました。私のスタッフの一部、そしておそらく一部の裁判官は、我々がすべての要望を取り入れなかったため、提出書類にあまり満足していませんでした。ロタ、テニアン、サイパンからの要望をすべて考慮していたら、我々の要望は今、皆様の前に1,500万ドル以上になっていたでしょう。行政部門は、利用可能な資金を比例配分するよう努めるという憲法上の義務を果たしました。今、司法府が我々の2025会計年度予算提出を正当化したかどうかを慎重に検討するのは、立法府の皆さんの目の前です」と彼は述べました。

ナラハ判事はカストロ氏の意見に同調しました。

「正義の扉を開いたままにしましょう。上級裁判所部門は依然として極めて人員不足であり、それが私たちがこの機関に資金提供を求め続けている理由です」と彼は述べています。

下院歳入委員会委員長のラルフ・ユムル下院議員(無所属サイパン)は、裁判所の要請を支持するが、特に政府のすべての部門が10%の削減を経験することになるため、資金を移動させることは難しいと述べました。

「2つの部門が資金を管理しているわけではありません。私たちに渡されたものが私たちのすべてです。私たちのコミュニティは、行政が私たちに送る提案についてこの機関を非難することが多いので、そのことを明確にしたいと思います。私たちは裁判所の提出を支持していることを明確にしたいと思いますが、私たちに与えられた金額に基づいて、行政は両方の部門にさらに10%の削減を求めており、それが資金の移動をさらに困難にしています」と彼は述べました。

知事の修正予算案に基づくと、行政は義務を果たした後に1億1147万4011ドルを充当することができます。

https://www.saipantribune.com/news/local/nmi-judiciary-faces-possible-closure/article_a28298d8-3ea8-11ef-b306-1b8d06553fa9.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です