<サイパン>財務局長:NMI財務局長に召喚状を出す必要はない

トレーシー・B・ノリタ財務局長は火曜日の予算審議会で下院歳入委員会に出席。

YouTube スクリーンショット

財務局長のトレーシー・B・ノリタ氏は、財務局がグアム銀行の 2 億 2,500 万ドルのアメリカ救済計画法口座に関するCNMI 上院の銀行取引明細書およびその他の関連文書をすでに提供しているため、CNMI 財務長官に召喚状を出す必要はないと述べました。

月曜日、カール・キング・ナボーズ上院議員が議長を務める上院特別委員会は、CNMI 会計局長のアサンシオン・S・アグルト氏に召喚状を出すことを決議しました。

火曜日の下院歳入委員会が実施した予算審議会で、ノリタ氏は財務局は「議会の要請に応じるために常に最善を尽くしてきた。文書提供やドアの開放、または文書要求に関する会議への出席に召喚状は必要なかった」と述べました。

同氏は、上院が投資口座に関して財務局にオープンガバメント法の要請を提出しており、「我々は銀行取引明細書と関連資料をその上院の要請に提供した」と述べました。

上院特別委員会は、CNMI政府のARPA資金支出計画も調査しています。

火曜日、ノリタ氏は下院歳入委員会にARPA支出に関するデータを提出しました。「我々は、資金提供を受けて以来、ARPA資金がどのような支出に使われたかを把握することが、この委員会にとって有益だと考えた」と同氏は言いました。

「3年前に連邦政府から受け取ったARPA資金4億8180万ドルのうち、CNMI政府は、ラルフ・DLG・トレス前知事政権時代から、連邦政府資金の87%にあたる4億2060万ドルを支出しており、12%にあたる6128万ドルは依然として「調整と回収を待っている」。

ノリタ氏はプロジェクト支出欄で、以下の内訳を示しました。

CNMI 地方刺激策 — 4,943 万ドル

Commonwealth Utilities Corp. ユーティリティ バウチャー プログラム — 2,594 万ドル

観光再開投資計画 (TRIP) — 2,266 万ドル

政府保険料支払い — 1,883 万ドル

悪影響を受けた団体への援助 — 1,626 万ドル

上下水道プロジェクト — 1,537 万ドル

楽観主義、機会、安定の共創 (BOOST) — 1,376 万ドル

COVID-19 対応 — 591 万ドル

義務

また火曜日、下院歳入委員会は CNMI 財務局長のアサンシオン S. アグルト氏に、グアム銀行に預けられた 2 億2,500 万ドルの ARPA 資金に関する上院の調査について何か発言したいことがあるか尋ねました。

アグルト氏は、「ここにいる全員が、これらの資金が政府の義務の支払いに使われていることを認識しています。これはほぼ調整中であり、私たちはこれらの資金を戻す責任も負っています」と述べました。

残念ながら、彼女は「すべて使用したわけではありません。それが可能かどうかさえわかりません。しかし、私たちの責任の1つは、すべての政府連邦補助金の引き出しを行うことです」と述べました。

Covid-19対応のためのARPA資金の払い戻しについては、「それらは調整中であり、処理されると、CNMI財務局はこれらの資金を補助金に戻す責任があります」と述べました。

「私にとって、現金管理は財務局にとって最も難しい仕事です。それは給与の支払いであり、政府の義務を期限通りに支払うことですが、誰もが知っているように、そうではありません。それは本当に私たちの徴収にもかかっています」と彼女は付け加えました。

https://www.mvariety.com/news/local/finance-chief-no-need-to-subpoena-nmi-treasurer/article_c9101792-3e84-11ef-97e3-ef152ac2d405.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です