アパタン市長:台風清掃がほぼ80%完了

サイパン市長のDavid M. Apatang氏によると、昨年10月の台風Yutuの被害後のサイパンのクリーンアップと瓦礫除去は、約70〜80%完了しているとのことです。

同市長はYutu関連の瓦礫回収期限を2019年1月15日までとしました。

「そのため、我々はこの期限に間に合わせるために非常に努力しています」とApatang氏は語りました。

「その時にできるだけ多くの瓦礫を回収できればうれしいと思います」

昨日の時点で、サイパン市長は、スーパー台風Yutuの被害の大部分を負ったサイパンの南部地域を指摘しました。クリーンアップチームは昨日、サンアントニオとアフテナを終え、ノーザンマリアナ・カレッジ・エリアとアスリトに向かいました。

「[NMC]から折り返して、オレアイ領域を一層しなければなりません」と彼は言いました。Apatang市長は、Oleai地域の約65%が清掃されていることを指摘しました。

Oleaiに続き、彼のチームはChalan Kanoaを通ってSusupeエリアを3度目の清掃に入り、混合ゴミはAs Gonnoステージエリアに移されると市長は伝えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です