サイパン及びティニアンに設置されている1000以上の緊急テント

CNMI国土安全保障と緊急事態管理の外交官ナディーン・デレロン・ゲレロ氏によると、サイパンとテニアンには1,256個の緊急緊急テントが設置されています。

彼女は、2018年12月3日の時点で、サイパンに1,054、そしてテニアンには202のテントが開設されていると話しました。

臨時緊急テントとルーフィング設置支援プログラムは、台風Yutuの被害で家屋が完全に、または大規模に破壊された家庭を支援するために設計されました。

Deleon Guerrero氏は、2018年12月8日土曜日にテントや仮設の屋根の申込書の提出期限が到来したことを住民に再度促しました。

12月8日以降に受け取った申請は受理されませんと彼女は付け加えました。

盗難の報告

デレオン・ゲレロ氏は、コブラビル消防署で報告されたテントの盗難事件についてコメントを求められて、まだDPS公安局によって調査中であると話しました。

しかし、彼女は侵入された兆候はなく、テントが持ち去られる可能性も見えないと述べています。

DPSは24時間365日のセキュリティを提供しています。車や許可されていない人は入場できません。

彼女は、初期調査結果は「支援物資の受領時に在庫数のミスカウント」があったことを示していると言っています。

Deleon Guerrero氏はそれぞれのテントの重さは600ポンドだと言いました。

「クレーン付きのフラットベッドトラックを含むフォークリフトや重機が運搬には必要です」

「それらが気づかれずに、あるいは痕跡を残さずに盗み出す方法はありません。誰も気付かないうちに取るには重すぎるし、毎日のシフトごとに複数の武装警備員がいます」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です