NMIに260人のFEMA職員

連邦緊急事態管理庁の従業員260人は台風Yutuの対応と復旧作業のためにCNMIにいます。

FEMAの公的情報担当官Paul Corah氏は、災害復旧センターに50人が割り当てられ、14人は検査官、69人は物流に、24人が災害援助(戸別訪問し、台風被災者に援助を提供)、13人は計画立案、19人がオペレーション、12人は情報技術、6人が財務、5人が災害時の緊急通信、7人が外交、そして3人がオペレーションに当たっていると話しました。

同氏によると、他のスタッフは安全、セキュリティ、サポートチームを務めているとのことです。

10月24日、ドナルド・トランプ大統領は、サイパンとティニアンを襲ったスーパー台風Yutuの災害にFEMAが対応することを許可した大型宣言を承認しました。

米国国土安全保障省の代理機関であるFEMAの主な目的は、米国またはその領土で発生した災害に対する対応を調整することであり、地方自治体および州当局の資源を大幅に拡張することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です