大規模な水詐欺が暴露される

米NMI地方裁判所のデイビッド・O・カーター判事は昨日、説明のつかない1日何千ガロンもの水の損失を指摘して、サイパンで発生した大規模な水詐欺の発見を公開しました。

人口2,954人の CUC(Commonwealth Utilities Corp.)の水槽サービス地域を示しながら、カーター判事は毎日失われている水量は872,000ガロンと推定されると述べました。

「872,000ガロンの水はどこに行っているのですか?パイプ漏れや盗難によるものの可能性がある」と判事は言っています。

カーター氏は、この大規模な水詐欺を直ちに止めなければならないと述べました。

カーター氏は、エドワード・マニブサン司法局長、リリアン・テノリオAG代行、CUC弁護士ジェームス・シロック弁護士、米国環境省法務部のブラッドリー・オブライエン弁護士との会談後にこの開示を行いました。

Manibusan司法局長は公開裁判所法廷で声明を出しませんでしたが、カーター氏はManibusan氏がこの問題に対処する上で非常に協力的であると述べました。

サイパンの特定の場所を示しながら同判事は、その場所でのCUCの実際の生産量は1日当たり1,038,240ガロンで、人口2,954人に対して24時間の水を提供していると語りました。

彼は、請求された使用量の平均は166,670ガロン/日であると述べています。

この計算を行うと、この水詐欺の費用は月額12,229ドル、年間146,750ドルとなっています。

この事件は「大海の一滴」であり、原因不明の水喪失に関する疑問への答えとして、水詐欺を行っている農民グループの可能性について考察したことをカーター判事はほのめかしました。

カーター氏は、この地域の地図を見て、「水の詐欺がどれほど大規模であるか」を示しました。

彼は、2015年に一人の人物が不法な水道の接続を発見し、警察官が投入されて違法な水の供給が断たれたことを指摘しました。

カーター氏は、2017年9月に同じ地域で水道が遮断されたが、2018年1月に何者かがこの水路を再び接続したと思われると述べました。

同判事は最小限で3年間の水道の詐欺行為だと言いました。

カーター氏によると、この人物あるいは何者かのために、CUCは最終的に値上げされた水道料金を通常の顧客にもたらすことになります。

CUCの請求書と財務会計責任者のBettina Terlaje氏はまた、CUCが昨日、不法な水道接続を持つと思われる2つの農場を発見したことも明らかにしました。

カーター氏はこの発見に対してCUCを称賛し、米国環境保護庁とマニブサン司法局長が水不足状況に取り組むために法廷に出席したことに感謝しました。

カーター氏によると、CUCは同じ詐欺問題を抱えているかもしれない島の他の地域も調べているとしています。

昨日、CUCの水道と廃水のエンジニアリングと上下水道部門マネージャーのGary Byra氏とのPowerPointプレゼンテーションを行ったCUC上下水道部門のLarry Manacop部長は、17の井戸を汲み上げることで24時間の給水をしていない特定の地域での水供給を劇的に増やすことになるとするカーター判事に同意しました。

インタビューでCUC弁護士のSirok氏は、OAGと協力して、水詐欺の問題を調査し、その後に何が起こるかを調べると述べました。

Sirok氏は、彼らが調べている2つの農場はについては確信しているが、もっと多いかもしれないと言いました。

「現時点で正確な数字はわかりません。それは調査で見出されるものです」と述べました。

Sirok氏はまた、水だけでなく電気とオイルも含む明記された命令問題に関して、彼らはカーター判事との2週間の良い議論を持てたとも述べました。

「我々は先週、判事との素晴らしい視察を行いました。これは、判事が我々の水道の一面を実際に見る機会を得た初めてのことです」とSirok氏は述べ、さらに、ここ数年、カーター氏は明記された命令2(オイルサイド、パイプライン、燃料タンクの建設など)のみ対処したと付け加えました。

「これは私達にとって、これらすべてを判事に提示するのに最適な時期です」と彼は言いました。

Sirok氏は、6ヶ月後、判事は、CUCが水道システムを活性化させる計画を見極めるだろうと述べました。

「私たちの目標は、誰にとってもより良い給水時間を確保することを試みることです。水道サービスはわずか2時間しかない地域もあります。それは私たちの誰にとっても受け入れられません」とSirok氏は言っています。

CUCとEPAの努力は、島全体に24時間水を供給することを望むことであると彼は述べました。

資金調達の問題について、Sirok氏は、様々な資金源からの適用によって、主に水道へのEPAから、CUCは毎年特定の資金を調達していると述べました。

彼は、Dandanに水を供給するのに役立つ農務省に助成金申請をしていると言いました。

「現在、継続中の助成金があり、2018年度のEPA補助金の申請と、それをどのように使用するのかを検討している」と同氏は述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です