名古屋 - サイパン路線開通

MVAが保証「デルタの決定についてパニックになる必要はない」

マリアナ観光局によると、5月6日に成田 – サイパン路線の撤退を検討中としたデルタ航空の発表前にも、新しい航空会社が日本の名古屋〜サイパン間の新しいルートを今後数ヶ月で開設することを検討しているとのことです。

MVAのマネージングディレクター、クリスコンセプシオン(Chris Concepcion)氏によると、航空会社は名古屋 – サイパン路線のサービスに関心を示しています。

「我々は現在彼らと交渉中であり、それは我々がこの路線を得る合意ができるものであり、彼らがその承認に取り組むことができ、そして数ヶ月以内に正式発表ができるものです」と同氏は話しました。

「日本市場は見失うにはあまりにも貴重なものなので、我々はそうはしません。私たちは、日本市場のためのいかなる宣伝も後退していません。 MVAは今後も計画を進めていきます」と同氏は付け加えました。

デルタがCNMIから撤退したにもかかわらず、Concepcion局長は、CNMIは長期的には問題ないと述べました。

「このルートを引き継ぐ他の航空会社が現れます。このルートは40年以上にわたり提供されていて、将来的に日本からの到着数を増やすための追加の空輸を開通する可能性があると我々は考えています」

「成田とサイパンの間のこのルートでサービスを維持するためにMVAが本当に懸命に働いているということを我々は地域社会に再度保証したいです。私たちはパニックが私たちを襲うこと、特に日本市場に関わる企業をコントロールすることを望みません」と彼は付け加えました。

名古屋 - サイパン路線開通” に対して1件のコメントがあります。

  1. K より:

    是非、東京もお願いします!

  2. RYS より:

    期待するとダメになった時ショックが大きい。でもどうして成田(羽田)じゃなく
    名古屋なの?

  3. Yuu より:

    成田 羽田からもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です