CUC「進行中のプロジェクトによる水の損失」

水の損失の増加は、サイパンの水路の継続的な改善に一部起因する可能性があると、Commonwealth Utilities Corp.のエグゼクティブディレクター、Gary Camacho氏は述べています。

最近のCUC理事会の報告書の中でカマチョ氏は、10月と11月の収入にならない水の損失は前月の59.94%から10月と11月で64.1%に上昇したと伝えました。

今年の1月現在で63%に減少している、と付け加えました。

「明らかに、これらの地域(水路)は老朽化しており、漏水修復の進展は過去6ヶ月間にわたって拡大しています」と同氏。

圧力が低下してから上がると、システムの最も弱い部分が出てきて、それが出ると、水圧は次に弱い場所を見つけます」と彼は付け加えました。

CUCが送水システム改善に取り組むにつれて、水損失が減少するとカマチョ氏は指摘しています。

CUC副所長のウィリアム・ギルモア氏は、最近のAs Litoの水プロジェクトは、水圧を改善するために既存の送電線を排除することであったと述べました。

彼は、私有地を横断する一連の「ジャングル線」を排除しなければならないと言っています。

CUCは水を供給しているので、提供するサービスに対する支払いを確実にしたいと同氏は付け加えて、「これは私たちが管理しなければならない水道サービスなので、これらのラインを排除しています」と述べました。

ギルモア氏によると、CUCがアクセス権を持ち、所有権を維持するためには、正しい水路に水道があるべきだとしています。

彼は、様々な分野に設置されている計器があるが、水のラインが私有の土地を交差しているため、計器を見つけるのが困難であると話しました。

As Litoの水プロジェクトでは、6インチの主な給水ラインを排除し、Chalan Kanoa、As LitoおよびSusupeに役立つ水圧を改善するための新しい主管を確立することも含まれていたと同氏。

「水圧を向上させ、消耗品を改善し、そしてまた、いくつかのシャットダウンの問題を取り除く機会を我々に与えることで、システムに効率を加えることを試みています」と彼は語りました。

CUCは毎日900万〜1000万ガロンの水を生産していますが、その65〜70%が漏水や顧客の未払いで失われます。年間の水収入損失は3,800万ドルです。

カマチョ氏は2017年11月に16件の水盗難事件が発生したと報告しています。

2017年1月から6月にかけて、CUCは毎月1回の水盗難事件を報告し、7月と8月にそれぞれ2件、9月と10月にそれぞれ4件を報告しました。

12月には4件、1月には3件の盗難がありました。

1月には548件の水漏れが報告されましたが、計量漏れを含めて85件しか修復されなかったとカマチョ氏は述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です